2017年10月21日 (土)

「困ったね!」 

終わってみれば、こんなもんだぜ。
変更に次ぐ変更。現地について、また変更!
あれこれ迷って、屋外のタッチプールは結局「晴れバージョンで決行」

結果、雨に降られることはなかった。
子供たちの「心構え」が良かったのかな。

5

「段取り8部」って言うけれど
実は、「段取り4割・後処理4割・当日2割」
今日は1日、報告書作成と、記録の整理に追われるゾ。
持っていった小道具も、手入れを済ませ
元の場所にキッチリ戻さないとね。

午前中の、「鮮魚タッチ・活魚タッチ」の様子!
ホイ!

1

こんな感じ!
活きている魚に触るのも人気があるが、
鮮魚に触れるのも「大人気」
産地ごとに特色があっておもしろい!

2

「タナカゲンゲ」通称「ばばぁ」
あ、最近では「ばばちゃん」なんて呼び名もあるナ。

4

どうだ!
って、大胆に触るのは、やっぱ女の子か…

3

で、計画どおり、パターンB´(ビ・ーダッシュ)
「他人の空似、大作戦」
こんな問題を出してみた!

6

あなたなら、どう答える?
ちなみに、小学生の正解率は、何と90%!!

どこが違う?
何が違う?
え〜違うの?
先生達の言葉とはうらはらに、児童の答えは…

大きさが違う!!
なるほど、確かに、大きさが違うね!
その他は?
シッポの形が違う!!

おっと、気づいてくれたんだ!
尾ヒレの切れ込み方
V字、真っ直ぐ、ウチワ型
やっぱり子供の観察力は素晴らしい!!

で、ここからが今日の話。
子供にも、いろ〜んな性格がある。

7

もちろん、みんな個性の固まりさ。
でも、これは初めての経験。
こんな感じ!!

8

ビックリする子供。
気分が悪くなる子供。
泣き出す子供
ん〜、いろいろ経験したが、こんなのは初めて!

入れ替わり、立ち代り、先生方が話をしても、
やっぱ、こんな感じ!
私も、あれこれ誘ってみたけど、やっぱ、こんな感じ!
どうすりゃいいのかね??

美味しく食べて、楽しく学び、生活に活かす。
さてさて、どうしたモノか…?

|

2017年10月19日 (木)

知りたい情報にアクセス!!

ー 魚食普及ネットワーク ー

魚食普及ネットワークでは、三重の近海でのお魚の水揚げ状況や港の情報をはじめ、市場やお魚マイスターのうんちく、スーパー各店様への出荷情報を公開中!

日本のお魚をもっと食べていただけるように様々な角度から情報を公開していきたいと思います。


お買い得情報
スーパー各店様に水揚げされたお魚を出荷した時にお知らせ!

近日中のお買い得情報の先取り?!

水揚げ風景

深夜から早朝にかけて漁師さんが漁をしてその日の朝に水揚げされたお魚を紹介!

天候や季節によって捕れる魚も変わります。たまにとんでもないお魚に出会えるかも・・・

お魚マイスターの独り言
「おさかなマイスター」というお魚博士が滅多に見れない市場の中の状況や、お魚のうんちく、仕入れの状況等プロの目線で情報公開中!!

普段は見る事の出来ない市場内の写真も公開してます!

※ 現在は「おさかなかたりべ 水産市場のこだわり」と統合しております。

おさかなかたりべ 水産市場のこだわり

さかなのこだわりを紹介しちゃいます!

同じ魚でも産地が変わるとどうなの?

この魚って何が良いの?

何気なく目にするお魚のあれこれを「こだわって」紹介します!

お魚日記

漁港の方々の思いや、海をとおして感じた事など公開して行きます。

「現地の声」をお聞きください。

尾鷲朝市コーナー

毎月行われる尾鷲朝市の模様をお伝えして行きます。

港の漁師さん達が直接お客様にお魚の良さを伝えながら、昔ながらのにぎやかな光景をお届けいたします。

魚食普及ネットワーク協力会社

光洋水産株式会社

丸清北村商店

|

2017年10月19日 (木)

「失敗を利用する」

あ〜!!また、やっちまった!!
大失敗だ!

明日20日は、地元、八熊小学校で「出前授業」
天気予報では「雨のち曇り」の降水確率80%

ま、早い話「雨」だな。
ってことは
パターン「B」の準備に取り掛からなきゃいけない。
午前中、屋外で予定していた「タッチプール&鮮魚タッチ」のコーナーは
屋根のある場所まで移動だぜ。
道具の搬入経路、時間、電源や、設置手順をチェックせよ!
スタッフに連絡×連絡!パターンBだぜ!ってね。

天気が悪い。台風も来ている、沖じゃうねりがある。
ってことは、タッチプールで予定していた活魚も
魚種が変わるぞ!
そうじゃなくても、営業部は、集荷するのに苦労するに違いない。
時化だから「魚ありませ〜ん」ってわけにはいかんもんネ。
子供たちが楽しみにしてるからさ。

で、そんな時に限って
学校から急なリクエストが来るんだな〜、これが。

「当日の給食で配膳される白身魚の加工されたホッケ
(北太平洋のベーリング海や北海道で漁獲されるホッケ)
の実物を子供達に見せてあげたい。
切身となったホッケではなく、ホッケの全体の形が観察できる
魚としてのホッケを子供達に見せて、
給食を通じて魚への理解を深めて参りたい」
ってね。

1

よっしゃ〜!!
ってことで、北海道で魚食普及活動を行っている仲間に連絡。
「そう言う事なら」ってことで、
松前産のホッケを航空便で送ってもらうよう手配。
明日の早朝に市場に着く予定だぜ。
魚食普及活動のネットワークってスゲーだろ!!

って、ここからが今日の話。
明日は、出前授業。
雨の対策、パターンB。
学校からのリクエスト、ホッケも準備。あとは到着を待つだけ。

で、今ごろになって出前授業の事務方から、軽い口調で電話が入る。
「出前授業でリクエストのあったホッケですが
ホッケじゃなくて『ホキ』らしいです」
「ホキ」って手に入りますか〜?

2

って、はぁ〜??!なに、それ!
「ホキ」は深海ダラ。
ニュージーランドじゃ、マックのフィレオフィッシュの原料。
ホッケとは全然違う魚だぞ!

3

でも、そうだよナ!…学校給食だもんな!

「ホッケ」って、いくら出前授業に合わせた特別メニューだからって
「ホッケ」って?「ホッケの切り身」って?
給食、ホッケ、切り身。…?
魚、料理方法、値段、今考えると不自然ジャン!!

あ〜!! 聞いた時に確認すれば良かった!!
北海道の仲間に、何て言おうか?…

「やっちまった〜!」どうしよう?
って、待てよ!!

そうだ!
パターンB´(ビー、ダッシュ)でいこう。

せっかくホッケが来るんだ。
「他人の空似」(そらに)
「自分にそっくりな人は世界に3人いる」
を「体験させよう!オペレーション」を追加しよう。

ホッケ

1_2

アイナメ

4

クジメ

5

って、ほら!似てるだろ!!
アイナメ、ホッケは北方系
一方、クジメは南方系
口の形や、シッポの切れ込みの形が違うんだよ。

6

魚拓をとって、あとあと思い出せるように工夫しようか!

じゃあ、アイナメとクジメも準備しないといけないナ。

出前授業は段取り8部。
何を学習させるか「目標、着地地点」の設定が大事。

チェックもせず、言葉だけで、動いた自分を反省して
せっかくの機会を無駄にしないよう考える!
どんな材料で、何を学習させるかを考える!

ここが、魚食普及活動の難しさ!なんちゃって。
こりゃ、あとあと「武勇伝」になるな。
でも、今は「笑えない」!!

|

台風(2017/10/18)
問題!(2017/10/16)
「小道具」 (2017/10/14)
「AI」 (2017/10/12)
「ワケ」 (2017/10/11)
「タラバ」 (2017/10/05)
「アマダイ」 (2017/10/03)
伊勢エビ解禁!!(2017/10/02)
「ハッポー」 (2017/10/02)
「バナメイ」 (2017/09/29)