2018年5月22日 (火)

「ギンダラ」

わー!珍しいな!
セリ場で発見。思わずゲット。
「ギンダラ」ラウンド。

6

「タラ」の親戚だって思うでしょ?
どっこい、ギンダラ属。つまり、独立している。

「ギンダラ」つまり、銀色のタラって響き。
そりゃあ、タラの仲間に聞こえるわな…。
それどころか
メルルーサ、メロ(マジェランアイナメ)、ホキと同じくくりにしちゃうだろ。
給食担当者なら一度は聞いた事がある名前だもんね。

でも、その姿たるや、見たことが無い人の方が多いんじゃねぇ〜?
ほとんどの人が食べたことのあるこれらの魚、
でも、見たことはなく、区別はつかない。それが本音じゃないかな。

よく見て!タラの仲間は背びれが3つある。
こんな感じ。

Photo

で、ギンダラは2つしかないので「別種」。
ホキはしっぽの形が全く違うしね。
その意味じゃあ、「メロ」の方が近いかもね。

メルルーサはタラ目・メルルーサ科
メロ(マジェランアイナメ)はスズキ目・ノトテニア科
ギンダラはカサゴ目・ギンダラ科
つまり、全くの他人だぜ。
だけど、同じ深海魚の仲間で、元はと言えば、なんかの代用品だった。
代用品ってことでは共通だな。
さらに、同じような料理に使われたんだろうね。
どこかで聞いた事のある響きと同様な料理が同類と錯覚させるんだろうな。
でもって、輸入品なので
ドレス(頭、内臓無し)やフィレ(三枚おろし)で搬入し
お店では切り身で販売してる。
そりゃ、姿なんて見たことないわさ。つまり区別がつかなくて当たり前。

食べて集める「耳石ハンター」のオイラには
知名度があるけど、尾頭付きでは、手に入りにくい魚とくれば
そりゃあ、触手が伸びるわけさ。分かるだろ。

8

ってことで
これがギンダラの顔つき&頭だよ。

9

で、こんな感じで耳石を採取。

10

意外や、意外。こいつをコレクションしてる人って
少ないぞ。ってプチ自慢。

11

魚屋さんへ行こう。
切り身になって販売されている
ギンダラ。メロ。メルルーサ。ホキ。
用途は同じでも、全く別種。
でもって、これらの「頭」は魚屋さんでも入手困難。

|

2018年5月20日 (日)

知りたい情報にアクセス!!

ー 魚食普及ネットワーク ー

魚食普及ネットワークでは、三重の近海でのお魚の水揚げ状況や港の情報をはじめ、市場やお魚マイスターのうんちく、スーパー各店様への出荷情報を公開中!

日本のお魚をもっと食べていただけるように様々な角度から情報を公開していきたいと思います。


お買い得情報
スーパー各店様に水揚げされたお魚を出荷した時にお知らせ!

近日中のお買い得情報の先取り?!

水揚げ風景

深夜から早朝にかけて漁師さんが漁をしてその日の朝に水揚げされたお魚を紹介!

天候や季節によって捕れる魚も変わります。たまにとんでもないお魚に出会えるかも・・・

お魚マイスターの独り言
「おさかなマイスター」というお魚博士が滅多に見れない市場の中の状況や、お魚のうんちく、仕入れの状況等プロの目線で情報公開中!!

普段は見る事の出来ない市場内の写真も公開してます!

※ 現在は「おさかなかたりべ 水産市場のこだわり」と統合しております。

おさかなかたりべ 水産市場のこだわり

さかなのこだわりを紹介しちゃいます!

同じ魚でも産地が変わるとどうなの?

この魚って何が良いの?

何気なく目にするお魚のあれこれを「こだわって」紹介します!

お魚日記

漁港の方々の思いや、海をとおして感じた事など公開して行きます。

「現地の声」をお聞きください。

尾鷲朝市コーナー

毎月行われる尾鷲朝市の模様をお伝えして行きます。

港の漁師さん達が直接お客様にお魚の良さを伝えながら、昔ながらのにぎやかな光景をお届けいたします。

魚食普及ネットワーク協力会社

光洋水産株式会社

丸清北村商店

|

2018年5月19日 (土)

「鮎並み」

「アイナメ」

1

コイツは何かと話題が多い魚だぜ。
水産市場の新人はアイナメ、クジメ、ホッケで悩む。
ま、似てるっちゃあ、似てるからね。

さらに、「黄色いアイナメ」でも悩むな…

4

でもって極めつけは学名。
この学名にも、「学び」が潜んでるぜ。

あ〜。なるほどね。
って、すべて意味の分かる人は、かなりの魚ツウ。
てか「マイスター」クラスだよ。

え〜?何のことかサッパリ?
って人がほとんどだろ!

ってことで種明かし。
よく似た魚シリーズのひとつ、アイナメ。
見分け方はシッポの「切れ込み」と側線の数。
シッポの切れ込み角度は、ホッケ→アイナメ→クジメの順。
「Vの字」に切れこんでいればホッケ。

3

切れ込みがほとんど無ければアイナメ。
逆に、膨らんでいればクジメ。

2_2

ほれ、こんな感じ。
ま、「ホッケ」と「アイナメ、クジメ」は色が違うから
区別しやすいかもね。
でも、アイナメとクジメは手ごわいぜ。
シッポの切れ込みが「いまいち、よー分からん」場合は
側線を見ようぜ。

6

アイナメは5本、クジメは1本だからさ。
学名の「Hexagrams otakii」)のhexagrams(ヘキサグラモス)
や中国名の「六線魚」とは
6本の側線という意味。
実際には5本しかないんだけどね…。
分岐した側線を誤って数えちゃったため「6」って言い回し。
中国でも同じ間違いをして、同じ言い回し。ってとこがおもしろい。
側線って、魚が水流や水圧などを感じ取る為の器官だし。
5本もあれば、よっぽど感受性の強い魚かと思いきや
4本は付いてるだけで、センサーの役目はしてないんだってさ。

でもって学名の「OTAKII」の方。
学名を登録するとき東京の市場で入手してきた
大瀧さんの名前をとって「おおたきい」としたんだってさ。
つまり、
人の名前を学名に登録する際には最後に「i」つまり「い」をつける。

ワニグチツノザメの学名「kabeyai」(カベヤイ)も
「壁谷さん」にちなんで「カベヤ」「イ」でカベヤイだからね。

7

ってことで
魚屋さんへ行こう
黄色いアイナメに「卵」は無い。
「黄色」は繁殖期のオスの目印だからさ。

|

「食べ方」(2018/05/17)
「向き」(2018/05/15)
「ポイズン」(2018/05/15)
「ふわ、とろっ」(2018/05/12)
カツオ(2018/05/10)
「そっくり」(2018/05/08)
「料亭わが家」(2018/05/07)
「尾・ヒレ」(2018/05/02)
「謎」(2018/05/01)
「手紙」(2018/04/28)