2018年6月19日 (火)

知りたい情報にアクセス!!

ー 魚食普及ネットワーク ー

魚食普及ネットワークでは、三重の近海でのお魚の水揚げ状況や港の情報をはじめ、市場やお魚マイスターのうんちく、スーパー各店様への出荷情報を公開中!

日本のお魚をもっと食べていただけるように様々な角度から情報を公開していきたいと思います。


お買い得情報
スーパー各店様に水揚げされたお魚を出荷した時にお知らせ!

近日中のお買い得情報の先取り?!

水揚げ風景

深夜から早朝にかけて漁師さんが漁をしてその日の朝に水揚げされたお魚を紹介!

天候や季節によって捕れる魚も変わります。たまにとんでもないお魚に出会えるかも・・・

お魚マイスターの独り言
「おさかなマイスター」というお魚博士が滅多に見れない市場の中の状況や、お魚のうんちく、仕入れの状況等プロの目線で情報公開中!!

普段は見る事の出来ない市場内の写真も公開してます!

※ 現在は「おさかなかたりべ 水産市場のこだわり」と統合しております。

おさかなかたりべ 水産市場のこだわり

さかなのこだわりを紹介しちゃいます!

同じ魚でも産地が変わるとどうなの?

この魚って何が良いの?

何気なく目にするお魚のあれこれを「こだわって」紹介します!

お魚日記

漁港の方々の思いや、海をとおして感じた事など公開して行きます。

「現地の声」をお聞きください。

尾鷲朝市コーナー

毎月行われる尾鷲朝市の模様をお伝えして行きます。

港の漁師さん達が直接お客様にお魚の良さを伝えながら、昔ながらのにぎやかな光景をお届けいたします。

魚食普及ネットワーク協力会社

光洋水産株式会社

丸清北村商店

|

2018年6月19日 (火)

「スタイル」

誤解を恐れず、要約すると
魚の「胸ビレ」は、我々の腕に。
魚の「腹ビレ」は、我々の脚に。と進化する。

ってことは、脚が長い、つまりスタイルの良い魚と
脚の短い、不格好の魚がいるわけか…
って、どーでもいい事を妄想中!

ならば、ブリ3兄弟。
素人目には「よく似た魚」
そりゃそうだ、三兄弟だから。

でも、比べるとずいぶん違うぜ。

夏場が「旬」のヒラマサ
冬場が「旬」のブリ
その間を埋めるように「秋」が旬のカンパチ。
3兄弟をもってしても、「春」は「空家」状態か…。

兄弟と言えど、出世魚は「ブリ」だけ。
でもって、脂のON OFFが季節によってまるきり違う。
ヒラマサはしっかりした食感が身上。
わりと、さっぱりした味わいで、季節の変化は少ない。
カンパチは、その隙間を埋める。

つまり
出世したのは兄弟では「ブリ」だけ。
でもって、小顔、足長。歯ごたえの良い身質は
スポーツマンって感じの「ヒラマサ」
さらに、カンパチは、要領よく、他の2兄弟の隙間で大活躍。
ってことか。

1_2

人の世でも、こんな兄弟って…
いるよね〜!

ってことで
魚屋さんへ行こう!
「ブリ3兄弟」のうち、夏が旬のヒラマサ。
胸ビレより腹ビレの方が長く大きい。
小顔でスタイル抜群のスポーツマン

|

2018年6月18日 (月)

「ビワマス」

やったー!

1

トヨタが1・2フィニッシュ!
フランスで行われた、ル・マン24時間耐久レース。
日本人を乗せて、地元トヨタがやってくれました!!
国産車、バンザ〜イ!
ってことで、日本の魚の話。

「ビワマス」って知ってる?

2

別名「アメノウオ」
これを焚き込んだ「アメノウオご飯」は滋賀県の無形民俗文化財に選定されている。

Photo

サクラマスの親戚で「琵琶湖」にしか生息していない。
つまり、「日本固有種」

サケの仲間なので
川で生まれ、海に出て成長して、生まれた川に
産卵のためにもどって来る「産卵回遊」をする。
こーゆうのを「母川回帰」って言うんだったよね。

どっこい、ビワマスは「海」ではなく
琵琶湖を海にみたてて、川→琵琶湖→川の「母川回帰」。

産卵期は10月〜12月って言うから
春先に孵化した稚魚は、ちょうどこんな時期に
7センチほどに長して琵琶湖に下る。
で、4年ほど琵琶湖に育ててもらい、秋口に生まれた川に
産卵のために戻っていくわけさ
で、サケと同じように産卵後は死んじまう。

2016年フィッシュ1グランプリじゃあ
JF滋賀漁連の青年会が提案した
「天然ビワマスの親子丼」がみごと
グランプリを受賞。日本1の座に輝いた

3

もっとも、産卵期の10月11月の天然魚は資源保護の為に禁漁。

4

脂ののった夏場が旬って言われてる。
つまり、これからが旨い魚だぜ。
滋賀県漁連をもってして
夏の「プライドフィッシュ」に定められたビワマスは日本固有種。

でもって旬は7月〜8月が「盛り」なり。
鮮やかなサーモンピンクは、まさに「琵琶湖の宝石」

シロサケの回遊量が減って、イクラやスジコ、秋サケなどが激減する昨今
琵琶湖に「ビワマス」あり!
なんちゃって!ね。

ってことで、
魚屋さんへ行こう。
店先に「ビワマス」を見つけたら
「日本固有種」を思いだしてみようぜ。

|

「シンコ」(2018/06/16)
「キス」(2018/06/15)
「ナベ」(2018/06/14)
「色」(2018/06/08)
カツオ船(2018/06/05)
「コラム」(2018/06/02)
「麦イカ」(2018/05/29)
「@マゴチ」(2018/05/28)
トビ魚(2018/05/26)
「喰いてぇ〜!」(2018/05/26)