2017年12月12日 (火)

知りたい情報にアクセス!!

ー 魚食普及ネットワーク ー

魚食普及ネットワークでは、三重の近海でのお魚の水揚げ状況や港の情報をはじめ、市場やお魚マイスターのうんちく、スーパー各店様への出荷情報を公開中!

日本のお魚をもっと食べていただけるように様々な角度から情報を公開していきたいと思います。


お買い得情報
スーパー各店様に水揚げされたお魚を出荷した時にお知らせ!

近日中のお買い得情報の先取り?!

水揚げ風景

深夜から早朝にかけて漁師さんが漁をしてその日の朝に水揚げされたお魚を紹介!

天候や季節によって捕れる魚も変わります。たまにとんでもないお魚に出会えるかも・・・

お魚マイスターの独り言
「おさかなマイスター」というお魚博士が滅多に見れない市場の中の状況や、お魚のうんちく、仕入れの状況等プロの目線で情報公開中!!

普段は見る事の出来ない市場内の写真も公開してます!

※ 現在は「おさかなかたりべ 水産市場のこだわり」と統合しております。

おさかなかたりべ 水産市場のこだわり

さかなのこだわりを紹介しちゃいます!

同じ魚でも産地が変わるとどうなの?

この魚って何が良いの?

何気なく目にするお魚のあれこれを「こだわって」紹介します!

お魚日記

漁港の方々の思いや、海をとおして感じた事など公開して行きます。

「現地の声」をお聞きください。

尾鷲朝市コーナー

毎月行われる尾鷲朝市の模様をお伝えして行きます。

港の漁師さん達が直接お客様にお魚の良さを伝えながら、昔ながらのにぎやかな光景をお届けいたします。

魚食普及ネットワーク協力会社

光洋水産株式会社

丸清北村商店

|

2017年12月12日 (火)

「します」 

いきなりだけど、問題!!

この魚
何が違うんだろう?

1

2

ハイ。答えて!!

アハハハ。簡単簡単!どっちもスズキ。
産地が違う。皮肌の色が違うから。
あ、待てよ。太ってる方が養殖。痩せてる方が天然かな?
でも、こんな時期に…?
って答えた、あなた!
「おさかな大好き人間と見た!」

画像から「スズキ」の名前と、旬の「夏、秋」が連想できて
体色の違いから、産地の違いを。
身体の特徴から、養殖物と天然物の違いを考慮に入れ
この時期にしては?なんて「季節の料理」まで想像しちゃう。
そこまで気づくっちゃあ、かなりの強者ダネ。

でも、正解はちょっと違うョ。

え〜?って。

あっ!!
よく見たら魚が違う。
確かに、こんな時期に出る問題って考えれば
今が旬の魚との比較か…?

おっと!
そこまで気づくとは、本物の「強者」だ!!

正解は ヒラスズキ(この地方ではシマスという)とスズキ

夏〜秋が旬の「スズキ」
※※冬が旬の「ヒラスズキ」
汽水域(河口や内湾)を住処にする「スズキ」
※※外洋に近い荒磯(沖)を住処にする「ヒラスズキ」

旬が真逆。
住処も「汽水域」と「純海水」と違う
ってことは、味の方も「クロダイとマダイ」の関係によく似ていて
スズキには、どこかしら淡水魚に似たところがある。

刺身を見ても一発で区別がつく。
スズキ:透明感のある白身だが、独特の黒い筋が走る。

4

ヒラスズキ:透明感のある白身。スズキ独特の黒い線は無く、血合い肉は鮮やかな赤

3

つまり、スズキを平らにしたような形のヒラスズキ(シマス)とスズキは
似て非なるモノ。
旬が違う。
住処が違う
ってことはアジが違う。
もちろん身の特徴も違う。

ってことは、別物ってことだナ。

魚屋さんへ行こう
スズキに似た「シマス」
旬、真っ盛りなう。

|

2017年12月11日 (月)

「かまぼこの秘密」 

「お正月」って元来、神聖な儀式だぜ。
前にも話したよね。

年が明けて、まだ日の出前の早朝。
今でも、天皇陛下が、行う儀式がある。
「皇室祭祀」のひとつ
「四方拝(しほうはい)」ってヤツだ。

特別な建物に入り、天地四方・山陵を拝み
五穀豊穣、天下泰平を祈る。
「国家、国民の災難は、まず私に先にお与えください」ってね。

知ってた?

でもって、「歳神様」をお迎えする「お正月」
昔の人は、念入りに準備をしたんだぜ。
って、いつから準備するワケ?

もうすっかり風化しちゃったけど、いろんなところに痕跡がある
昔の人は12月13日から31日までにお正月の準備を整えた。
「正月事始め」ってヤツだ。

2

「松迎え」って言えば、
門松にする「松」やおせち料理を作る「薪」を山に取りに行く日
「すす払い」

3

聞いた事のある言葉だろ。今でも神社仏閣などで行われてる。
大掃除みたいなもんかな。
「針供養」折れた針を供養するよな。
それから、それから、28日は「御用納め」
28日か30日には、しめ飾りや門松を飾る
で、三十一日は「大晦日」
なんで「おおみそか」って言うんだろう?って考えたこと無い?

「みそか」を変換してみな!
「三十日」ってでるだろ!
そう、旧暦の一か月は、30日、すなわち大の月と
29日、すなわち小の月の繰り返し。
一年の最後の三十日で「大・みそか」

ってことで、ここからが今日の話。
お正月を祝う「おせち料理」
一つ一つに「言われ」があり、意味がある。
「カマボコ」にはどんな意味があるのか?

カマボコは「日の出」を象徴する形なんだ。

4

だから、元旦、すなわち、正月の朝には無くてはならないモノ。
なるほど!だから、おせち料理には必ず入っているわけか。
でもって
カマボコの「紅」は喜び
カマボコの「白」は神聖と清浄を
さらに、「紅白」で、おめでたさを表現する

7

カマボコの形は「日の出」を表す…
もう分かったでしょ!だからマニアは「形」にこだわる!
ほら!「切り口」のこの形!

6

名古屋かまぼこの「朱色」は「日の出」の色!!
しかも、神社の鳥居にも使われる「高貴」で「魔除け」の朱色!

8

二度蒸し製法の「名古屋かまぼこ」は
「日の出」の形に、こだわって製造されているんだぞ。

9

なっ!
お正月には、これじゃないとダメだっていう
「名古屋っ子」の気持ちが分かるだろっ!!

親から子へ、子から孫へと引き継ぐ「こだわり」が
ここにある!

|

良栄丸(2017/12/11)
「トORソ?」 (2017/12/09)
「シシャモ」(2017/12/07)
「ドギ」 (2017/12/05)
「耳石」(2017/12/04)
カツオ(2017/12/03)
「サバの脂」(2017/12/01)
「サン・ピエール」 (2017/11/29)
「邪馬台国」 (2017/11/28)
巨大カンパチ(2017/11/28)