2011年2月18日 (金)

春の魚

ずっと寒い日が続いていましたが、今日は朝方の寒さも和らぎました。
それでも風がかなり強く、明日の魚の入荷は少ない予感がします。
さて、名古屋市中央卸売市場には、春の魚の入荷が増えてきています。
サヨリ

Sayori_2

この細長い魚はサヨリ。ハマグリと共に、3月3日、ひな祭りの日に食べる慣習があります。


マス

Masu

世間で話題のクニマスと同じマスの仲間、サクラマスです。
川にいる“ヤマメ”と同じ魚です。


イカナゴ

Kohnago_2


名古屋市中央卸売市場では“コウナゴ”と呼ばれます。
この魚が釜揚げされたものも多く出回ります。

カツオ

Katsuo


ついにカツオが入荷し始めました。
「女房を質に入れても初ガツオ」という昔の言葉もあります。


上記以外にも、ホタルイカや、マダイや、
刺身やフライなどで美味しいキビナゴなどの入荷も多く、
春の訪れを感じることができます。

魚食普及ネットワーク/もっと日本のお魚を食べよう会より

|

« たらのトマトスープ煮 | トップページ | 低気圧です・・・ »



(ウェブ上には掲載しません)




この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1383732/38920761

この記事へのトラックバック一覧です: 春の魚: