2011年10月 3日 (月)

あやかりタイ

先日、タイの仲間クイズとして画像を掲載しましたが…
その4種を簡単にお伝えします。

P1012225

まず真ん中下段。石垣のような模様の…“イシガキダイ”。

真ん中上段は、高級魚としても有名な…“イシダイ”。
大きくなると斑紋がなくなり、イシガキダイと
見分けがつきにくくなりますが、
その際は、口の周りが黒いとイシダイとわかります。

左下段は、鷹の羽のような模様の…“タカノハダイ”。

左上段は、昔の『小姓』の衣装のような模様の…“コショウダイ”。
胡椒のような模様という方もいらっしゃいますね。


これら4種もそうですが、マダイに代表されるような
“タイ科”ではないのにも関わらず“タイ”と名につく魚は、
高級魚の代名詞として有名な“タイ”にあやかって
名づけられたという事で、“あやかりタイ”とも呼ばれます。

しかしながら、あやかられるマダイよりも、
値段が高い“あやかりタイ”もいるというのは、
ちょっと面白いようにも思えます。

|

« 棒受け網でのマイワシ | トップページ | ハガツオ »

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1383732/42228542

この記事へのトラックバック一覧です: あやかりタイ: