2012年2月18日 (土)

今年の桜ブリ

本日、名古屋市場に桜ブリが入荷しました。

Dsc_0266_2

桜ブリと言っても今日でもまだまだ気候は冬、ご覧の通り魚体も丸々太って脂がありそうです。

Dsc_0263_2

活〆のメリット(鮮度の良い状態をより長持ちに!!)は以前より掲載させていただいておりますが、
実はこの魚、それだけの処理ではなかったんです。

Dsc_0268_2

「神経抜き」とありますが、これは、活〆した魚の(背骨の上を通っている)神経が抜いてあるということです。
〆られた魚が暴れないため、(血が魚体に回らず抜けやすく、)良い身質が保たれやすいんですね。

Dsc_0265_2

このように、素早く丁寧な処理をされ、しかも良型のブリが流通します。
お刺身をはじめ、どんな食べ方でも美味しそうですね!

|

« 尾鷲市早田(はいだ)港水揚げ桜ブリ | トップページ | 定置網のスルメイカ »