2012年3月29日 (木)

アゴ

アゴと言っても、ア○トニオ猪木氏で有名なアゴではありません。
うどんやラーメン好きなあなたはご存知でしょう。
ある魚の地方名…そう、トビウオの事です。
主に九州ではこのトビウオの出汁、いわゆる“アゴ出汁”も料理によく使われます。

市場には、一般的なカタクチイワシの煮干だけでなく、
トビウオの煮干も流通しています。

Dsc_0345

上品な旨味・甘みが特長でしょうか。
“アゴが落ちるほどおいしい”魚の出汁で、
日本特有の文化を味わいたいものです。

|

« 漁港の朝 | トップページ | シロカワカジキ »