2012年3月 5日 (月)

ハリセンボン

定置網にはもちろんどんな魚でも魚が入らないことにはお金にならないので漁師さんは魚がたくさん入ることを心待ちにしています。

しかし、そんな中で招かれざるお客が何種類かいます。

ひとつはクラゲ。

なかでも、テレビ等で一時話題になった越前クラゲはサイズも大きく大量発生するので網にかかると取り出すのに一苦労。

水揚げ時にはバラバラになったクラゲが選別台のまわりにたくさん落ちている光景をよく見かけます。

そしてもうひとつはハリセンボン。

これが今大量発生して網にたくさん掛かっているところがあり、この前もせっかくブリが入ったのにハリセンボンに傷つけられて値段が
下がってしまったことがありました。

せっかく入った魚も傷をつけられては市場価値も変わってくるのでまさに招かれざる客といえるでしょう。

漁師さんたちにも人知れぬ苦労があるんですよね・・・

|

« メバチマグロ | トップページ | メカジキ »