2015年5月19日 (火)

大きい?小さい?

季節柄、バーベキュー商材も売れる時期となっております。
こちら愛知では、ホタテやサザエ以外に、「大あさり」もよく売れています。

他の地域の人に言わせると、「大あさりって大きいアサリの事?」と疑問符がつくでしょうが、
この地域ではそうではなく、「大あさり」と言えば「ウチムラサキ」の事を指します。







形としてはアサリの様な二枚貝ですが大きくなり、半分に割ってバーベキューで、などの用途があります。


…ちなみに、こんな「小さい大あさり」という、ややこしいものもありますよ。



| | コメント (0)

2015年5月15日 (金)

国産養殖サーモン

回転寿司で一番人気の魚と言えばサーモンでしょうか。
一般的には輸入物が多数を占める中、国産サーモンの入荷もあります。





こちらはアルプスサーモン。
長野県の飯田の清流で育てられた魚で、お刺身商材となっています。

他、愛知の絹姫サーモンや、同じ長野でも信州サーモンなどありますが、
各々がブランド化して流通・販売しています。

最近だとこれらの淡水サーモン以外に、
ギンサケも刺身用として流通していますね。

同じように「サーモン」と呼ばれる魚でも、
違いを食べ比べしてみるのもよいかもしれません。

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

桜ブリ

Photo

ブリの「旬」っていつ?
一般的には「寒ブリ」と言って冬。
冬の富山湾、「ブリ起こし」と呼ばれる冬の嵐が過ぎると、定置網でとれる事が多い
冬11月~12月 富山県氷見港に水揚げされる「氷見ブリ」はブランド品だ
脂の乗った「寒ブリ」のイメージはここから来ている。

でも それだけではない
東紀州にはこんな都市伝説がある

東紀州、熊野灘のブリ漁は、産卵の為に南下する3月~4月にシーズンを迎える
地元では、この時期に獲れるブリを特別に「桜ブリ」と呼んでいる

ほのかな温かさが陸を包みこむころ、巷では「桜前線」の話が聞こえ始める
時を同じくして、卒業、転勤、入学と 人々は希望を抱き、新生活をスタートさせる
そんな季節にふさわしく「淡泊な味わい」が特徴で、その身色も、まるで桜の花びらを連想させる淡いピンク色になってくる。
地元では醤油に漬け込んだブリをチラシ寿司にトッピングした「ベッコウ寿司」なる郷土料理があり、お祝い事には顔を出す
最近では チーズ挟み焼き トマト風味煮込み バジルソース味などインターナショナルな料理にも使われている
「桜ブリ」は冬の「寒ブリ」とは一線を画く まさに「春」のイメージ

東紀州の港では鮮度の良い「海の桜」を皆様にお届けする為 今日も忙しく働いている

魚食普及ネットワーク/もっと日本のお魚を食べよう会より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

サワラ好調!

140117_085401

和歌山県ではサワラの水揚げが好調です。

 

 

サイズも3〜4kgの一番良いサイズ♪

 

 

値段も高いし漁師さんは大喜びのことでしょうね☆

|

2015年5月 5日 (火)

子供の日

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?
今日は子供の日。
お子様の健やかな成長を願って、出世魚の代表ともいえる
「ブリ」を食べてみてはいかがでしょうか。

今日は尾鷲から出世魚の「ブリ」の他、
ゴマサバ、アジ、トビウオ、サゴシなど、たくさんの新鮮な魚が届きました。




春に東紀州で獲れる、桜ブリと呼ばれる三重県産の天然ブリ。
子どもの日に合わせて「養殖ブリ」を売り出しているスーパーさんも
あるようなので、天然の「三重県産」ブリと食べ比べなどもしてみては?

今日も箱詰めされた魚を運んでくれたドライバーさんが
汗びっしょりになって商品を手作業で降ろしてくれました。




見てください!ドライバーさんのこの汗!!

本来なら市場はお休みなのですが、こうやって新鮮な魚を
届けてくれる出荷者さんや運送屋さんに感謝ですね。

| | コメント (0)

2015年5月 4日 (月)

お買い得情報







5月5日、関西圏のダイエー様各店において和歌山県ウグイ港水揚げの桜ブリ、三重県九鬼港水揚げの真サバがお値打ち価格にて販売されます。


子供の日のお魚は是非お近くのダイエー様にてお買い求めくださいませ☆

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

お買い得情報




5月2日、関西圏のダイエー様各店において三重県尾鷲産の桜ブリがお値打ち価格にて販売されます。


ゴールデンウイークのお魚は尾鷲の桜ブリで!


お近くのダイエー様にて是非お買い求めくださいませ☆

| | コメント (0)