2015年11月30日 (月)

サンマ







尾鷲漁港で初サンマが水揚げされました。
セリでは良い値がついたと思います。

尾鷲地方ではサンマ丸干し・サンマ寿司などが有名です。

| | コメント (0)

2015年11月30日 (月)

「問題!」

うぇ〜!!今朝は寒かった!!!

寒くなると、水産市場では魚のパーツごとの販売が増える。

 

イクラとサケフィレ。白子とブアダラ。アン肝とアンコウテール等々。

 

そこで問題!!

 

親子関係が分かるかな?


1.

1


2.

2


3.

3


4.

4






答えは…

1スケソウの卵→2「助子」

3マダラの白子→4「マダチ」

 

どちらも今が旬

 

マダラとスケソウダラ

良く似ているが用途が違う

 

 

 

今朝の水産市場

サゴシの入荷多い

月末で売れ行き悪い

|

2015年11月28日 (土)

「今ですか?」 

「え〜?今頃???」

 

早朝、水産市場で見つけた「スズキ」

しかも、太っていて脂もありそう。

違和感を覚えた担当者から、思わず漏れた言葉だ


Photo_2

 

 

 

水産市場&お寿司屋さんで「スズキ」と言えば

「スズキの洗い」ってことで、「夏の白身」のイメージ!!

 

 

 

ところが、「俳句」の世界で季節を表す「季語」で言えば

スズキは「秋」の季語

愛知県が定めた「四季のさかな」でも、「ワタリガニ」と一緒に

「秋の魚」に選ばれている

って言うことで、今日なら「旬の名残り」ってヤツに該当する

温暖化による、海水温の上昇で、ややズレているんだろう!

 

 

こういった、思い込みによる「旬のズレ」は「食生活」には多い!!

ズレはズレとして受け止める「食育」が必要とされる時代に

「お魚かたりべ」は人知れず、コツコツと活動している

 

Photo


リーズナブルな白身!!

クセのない「白身」は料理方法を選ばない

何と言っても「出世魚」だから!

 

 

 

 

 

 

今朝の水産市場

時化が入り入荷少ない 

今年の生サンマのセリは今日で打ち止め

|

2015年11月27日 (金)

ヒオウギ貝

Img_20151127_070120

尾鷲漁港に水揚げされる貝で最近よく取れています。

ホタテ貝によく似た形をしていて焼いて食べると美味しいそうです。

 

色も様々で黄・赤・紫など見ても楽しめる貝ですね。

|

2015年11月27日 (金)

「新聞紙」

画像は、名古屋のとある小学校で昨日行われた

PTAを対象にした「お魚教室」の一コマ


1

魚について、講義を聞いてから

アジ、サバ、イワシを調理して、食べるというもの

 

一般の「調理教室」と違って、レシピは無い

「食べる」ことに特化した、「お魚かたりべ」である筆者独特の物!

味付け、調味料などは、参加者の自由!

さて、さて、どんな料理が出来上がるか?楽しみだ。

 

イワシの手開き。サバの大名おろし。アジの「お手軽調理法」

もちろん、個々にアドバイスはする!

 

そこで大活躍したのは「新聞紙」

2

古新聞紙を広げ、その上で魚をさばく!!

できた「生ごみ」を、そのまま包んで処理する。

邪道かもしれないが、良いアイディアだ。

 

魚の調理の目的は「美味しく食べる」こと

上手にできるに越したことはないが、本来の目的は「食べる」こと

 

結果は「やれば、できる」

一様に笑顔!!

 

今日のこだわり

魚をさばくのに「気負い」は要らない!

上手でなくても、美味しくできる

 

 

 

今日の水産市場

入荷少なく、急に寒くなった!

|

2015年11月26日 (木)

ソマカツオ

150713_064701_2

本来は真夏の魚ですがこの時期になって多くなって来ています。

 

イワシ類が多くなって来てからはエサが多く丸々太ってきて脂がのって来ました。

刺身にしても焼き物でも美味しい時期だと思います。

|

2015年11月26日 (木)

「コンブ」

派手さには欠けるが 大きくこだわる物!!

 

コンブ!!

 

 

 

実は大きな違いがある


Photo


Photo_2


Photo_3


キャッチコピーが良くできているな〜!

 

まさに そのとおり!

 

 

 

 

年末年始は、こだわってこだわって「我が家流」を

見つけよう!

水産物は、どんな人にも対応できる、幅がある!!

 

 

 

 

 

 

今朝の水産市場

雨模様 入荷少ない

|

2015年11月25日 (水)

マンボウ

Img_20151124_073246_2

先日、絶滅危惧種に認定されたマンボウですが

尾鷲地方では大変人気の高い魚種でした。

 

身はもちろんのこと腸はマンボウコワタの干物で人気がありました。

|

2015年11月25日 (水)

「朱色」

年末が近づき、水産市場も準備を始めている

 

「かまぼこ」はその代表格


1

 

 

おせち料理をはじめ、年末年始には「爆発的」に需要が高まる

 

そんな中で、皆さんが知っている「赤色」のかまぼこ

赤色って、どの色??

 

「朱色」?それとも「ピンク」?


2


朱色は「名古屋かまぼこ」と言って、名古屋、独特な色!!

一般的には「ピンク」が多い


3


この地方では

年末、年始は、どうしてもこの色じゃないといかん!!

という根っからの「名古屋っ子」が大勢いる!

 

 

 

こんな所にも「地域の食文化」が見える

「我が家流」大いに結構!!

 

お正月は、新年を祝う神聖な儀式だから

我が家の「流儀」が大事なのだ!

とことんこだわろう!

 

 

今朝の水産市場

全体的に入荷少ない

サンマはそろそろ終わりか

|

2015年11月24日 (火)

豆アジ

Img_20151124_071519

豆アジは春先によく見かけますが最近定置網に少しですが水揚げされます。

時期外れの魚の1つです。

 

ここ2~3年少しづつ時期がずれて来ている魚が増えてきているように思います。

|

2015年11月24日 (火)

「底モノ」 

セリ場で見つけた「イシモチ」

口から何か飛び出している

 

海の底に生息している魚には相当の水圧がかかっている

漁獲後、急に海上に引き上げると

気圧の変化で、浮き袋が膨張して口から飛び出す!

 

すなわち、口から浮き袋が飛び出したものは深い所にいた証

 

Photo


高級かまぼこの原材料に使われるシログチ!

年末にかけて「かまぼこ」の表示みて、「グチ」の名前を発見したら

この魚の姿を思い出してほしい。

 

標準和名「シログチ」

浮き袋を使って「グウ、グウ」と鳴くので

愚痴を言っているようで、「グチ」と呼ばれる

 

 

 

今日の水産市場

生サンマは28日で、せり売り終了

|

2015年11月22日 (日)

ボジョレーヌーボー

ボジョレーヌーヴォーが解禁になりましたね。
皆さん飲みましたか?

ボジョレーに合わせた料理と言うと洋風な物を思い浮かべますが、
ネットを見ていると、ボジョレーを飲みながら刺身を食べている投稿を目にします。
今年の流行ですかね?

そんな、まだまだボジョレーを楽しみたい連休に今朝尾鷲で獲れた
鮮度抜群な魚が届きました。

Photo

1尾500gを超える大きなアジ

Photo_2

身色が綺麗なウチワハギ


Photo_3

鮮度抜群な小アジ

もちろん、今日入荷した魚は刺身でお召し上がりいただくことが出来ますよ(^^)

|

2015年11月22日 (日)

マグロ








本日 尾鷲港にマグロ船良栄丸が入港しました。
主にビンチョウマグロで約600本メバチマグロが60本くらいでした。

活気あるセリでした。

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

「何じゃこりゃ?」

2

水産市場に仕入れに来るのは量販店だけではない

お馴染み、町の魚屋「頑固オヤジ」や

昔ながらの「移動販売車」もある

 

3

  

おおっ!!

おもしろいものを発見

 

1

4

「五つ玉のそろばん」

江戸時代の商人をイメージさせる「計算道具」だ

 

魚をさばいた「濡れた手」で、どうやって使うんだろう?

 

6


5

電卓で「単品」を計算した後、

食べ方、調理の仕方、世間話をしながら、合計額を計算する時に使うのさ!!

 

雰囲気抜群の「移動販売車」

日本古来の魚屋風!!

スーパーとは違った、「味」がある

 

 

 

今日の水産市場

通常の入荷数量

スルメイカの入荷がやや少ない

|

2015年11月20日 (金)

「まだ? もう?」 

まだ11月だが、もう11月なのだ!

水産市場では、年末年始をにらんだ、商いが始まっている

販売店の店づくりは「お歳暮」「クリスマス」「年末」「お正月」「初春」

めまぐるしく変わる!

 

イベントに対応した商品群。すなわち

ある時季のまぎわにだけ売れる品物のことを「際物:きわもの」

と呼んでいるが、この「数の子」が最たる例


1

  

一昔前までは「際物」の代名詞だったが

最近では、1~2か月かけて売り上げを作る「計画販売商品」

すなわち、お歳暮の代表格、年末年始の「際物」から

ちょっと特殊な「おかず」になった!

化粧箱に入った、「ギフト」から、フードパックに入った

お手軽「おかず」の仲間入りをしたわけだ


3


6

 

今年のトピックは「にぎりこ」「曲がり子」と呼ばれる

試験操業船の漁獲した、ワンフローズン品は皆無!!

マニアの方は残念だが、今年は入荷が無い

 

親の抱卵ニシンを漁獲し、いったん冷凍する。

すると、皆さんがご存じのあの形に揃った

卵が取り出せるわけだ

卵を塩漬けし、再度凍結するのが一般的な製法。

すなわち2度凍結品が標準品

製造方法まで知ったうえで、「選ぶ」

水産市場こだわりの「選択肢」ってわけだ!!


2


4


5

 

仲卸店舗に、数の子が並べば、今年も残りわずか

 

 

 

 

 

今朝の水産市場

入荷少ない

|

2015年11月19日 (木)

アオリイカ

141124_072201

やっと見え始めて来たアオリイカ

透明感のある身 高級感ある姿

地元でも地方でも重宝されるイカです。 

|

2015年11月19日 (木)

「ライト」

数日続いた雨も上がった

一仕事終わった、水産市場の駐車場に日が昇ってきた

いつもながらに、すがすがしい瞬間だ!

 

 

1

おぉ!!電柱の「先っちょ」に何かついているぞ!

大型の電球!

 

2


  

朝が早い、水産市場

配達便は暗い内に積み込み、出発する

その為、荷積み場の駐車場には、あちこちに夜間照明がある

明るく照らしてくれるおかげで、スムーズな積荷と帳付けができる

 

市場ならではの設備だ

 

 

 

今朝の水産市場

サバの入荷多い

|

2015年11月18日 (水)

ウスバハギ

Img_20151116_112317

ウスバハギ・ウチワハギ名前は色々呼ばれていますが

最近 活魚・鮮魚で大漁です。

 

ハギの仲間でも大型で身は白身

肝も大きく調理しやすく美味しい魚です。

|

2015年11月17日 (火)

「常識?」




肉食の二枚貝には「毒」を持つものがある
通称「ツブ貝」エゾボラの唾液腺にはテトラミンという毒がある
誤って食べると「船酔い」状態を引き起こす

 







修業を積んだ「板前」や「調理人」
魚屋では「調理段階で取り除く事」は「常識」だが、
知らない人に「常識だ」は通用しない






ちょうど「ジャガイモの芽」と同じようなもの(ソラニン)
知っている人には常識だが、知らない人には「とても危険」な存在だ

保健所では、注意喚起をしているが
残念ながら、事故が絶えない

「常識」は風化する
時には、言い続けることも、美味しく食べるコツになる



今日の水産市場
通常の火曜日の入荷

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

伊勢エビ

131111_065101

10月は、大漁だった伊勢エビですが

11月に入ってからは漁が少なく高値が続いています。

 

 

11月に入ってからは

天候が悪いのか波が高いと漁師さんたちが言ってました。

|

2015年11月16日 (月)

「目利き!」 

2


4


田作りの目利き。プロのこだわり!

ここを見る!!

 

 

香り

(磯の香りは良いが、生臭いのはダメ)

 

1


6


サイズ

(大きすぎず、小さすぎず、4㌢位がベスト

もちろん、揃っている方が良い。画像のように混ざるのは良くない)


3

 

 

(赤い色が混ざるのは、ダメ)

 

7


 

しっかり乾燥できていること

(乾燥不足だと、日持ちが悪い。写真のように曲がらず、折れた方が良い)


5

 

 

まっすぐ干されている事

(曲がったものは均等に火が入らず仕上がりが悪い 画像は良くない見本)

 

 

 

これらを総合的に判断し、セリに挑む!

 

 

値段に換算すると、1㌔¥12,000~¥800円まで

たかが「田作り」されど「田作り」

奥が深い。我が家の「おせち」にはどれを選ぼうか?

 

 

 

今朝の水産市場

イワシの入荷少ない

|

2015年11月14日 (土)

「違い!」 

6

3

原料は、どちらも「カタクチイワシ」

「煮干し」と「田作り」

良く似ているが、全くの別物


2_2


1

 

 

その違いは、製造方法にある

煮干しは、カタクチイワシを煮て、干したもの

田作りはカタクチイワシの「素干し」、すなわち、生のまま干したもの

 

もちろん、料理によって使い分ける。

煮干しは「出汁」! 田作りは「おせち料理」に欠かせない

 

では 見分けるポイントは、どこにあるか?

小学生を対象にした「食育教室」で聞いてみた?

 

何と!! 小学生の正解率は100%!!!

 

 

「目の色が違う!!」

正解!!

 

5


4

煮干しは、煮てから干すので、目の水晶体が白濁している

田作りは、生のままで干すので、水晶体の白濁はおきず、目は黒い

 

 

「田作り」はおせち料理には欠かせない「縁起物」

これからしばらくの間、市場の「田作り」売り場は、忙しくなる

実は、この田作りにも、超ブランド品が存在する

 

プロのこだわりは、次回!

 

 

今日の水産市場

入荷量回復 通常の土曜日の入荷量

|

2015年11月13日 (金)

ヤリイカ

141103_065901

この画像は去年のものです。

今年は例年より少なくほとんどない状況です

水揚げされても20kg~40kgくらいです。

 

例年では多い時では2t~5tくらい水揚げがあったので

今年は残念です。

|

2015年11月13日 (金)

「変化!」 

1

「カマスがうまいぞ!」

そう言いながらも、作業の手は止まらない!!

町の魚屋!頑固オヤジの職人仕事。


2


3


4


5


6



7

8

ちょっと塩を振りかけ味を整える事を「味の道」という

「魚の下処理」の基本だ

 

カマスの身は変化する

 

塩を振らずに料理をすると

「生の食パン」に似た食感!!

 

「味の道」をしておくと、良い感じに味が凝縮

「パイ生地」のようにサクサクした食感!!

 

どちらが良いかは、お好み次第!

 

頑固オヤジ曰く

「カマスを背開きにして、塩を振る。

ペーパータオルに包んで、冷蔵庫に3日ほど入れておくだけで

自家製干物が出来上がる。こいつをサッと焼けば、ホクホクで

サクサクな旬の味が出来上がる。こいつで熱燗が最高さ!」

自分で作れば、味付けも、干し加減も、自分の好み!!!

最高の逸品が出来上がる!

 

 

今朝の水産市場

昨日に引き続き入荷少ない

|

2015年11月12日 (木)

クジラ

先日7日に定置網にザトウクジラが入っていたそうです。

見た目で6m〜7mぐらいだったそうです
朝、網を引き揚げに行ったところ重たくて上がらなかったそうで
他の定置網の漁師さんに応援を頼んで網から逃がしたそうです。
私も見てみたかったです。画像がないのが残念

|

2015年11月12日 (木)

「新商品!」

「セリ場」で新商品発見!!


3



今年は養殖のトラフグの生産が少なく、高値をつけている。

身欠きフグは昨年の倍の値段だ!

その分、気軽に、購入できなくなった

2


そこで「マフグ」の加工品に目を付けたわけだ!

「フグの生ハム」早い話、「燻製!」

おしゃれな、洋風料理向けってとこか…


1




試食サンプルにも「気合」が入っている


4




水産物もアイディアしだい!

魚の食べ方も、「何でもあり!」の時代

要は、バランスが大事!

肉ばかりでは、欧米のように生活習慣病が進む

魚をバランスよく取り入れることで、健康を手に入れようと

世界が「魚食」に注目している

幸い、私たちは、世界トップレベルの「日本産の魚」が簡単に手に入る

今朝の水産市場

休市開け 入荷少ない

|

2015年11月11日 (水)

ムツ

Img_20151028_071119

底引き網や定置網によく獲れています。

少し小さめですが、美味しい魚です。

 

揚げ物・煮物が美味しいと思います。

尾鷲地方では、炊き込みご飯で使います。

クロムツが有名だと思いますが、

これも絶品だと思います。

|

2015年11月10日 (火)

シロカワ カジキ

Img_20151109_113646_2


昨日の漁模様ですけど尾鷲九鬼漁港の大敷網に

大型のカジキが水揚げされました。

大きさは約130キロくらいで鮮度も良く

良いものだと思います。

重かったと思います 九鬼の漁師さんご苦労様でした。

|

2015年11月10日 (火)

カツオの仲間

カツオというと、多くの皆さんは

Katsuomie
このカツオを思い浮かべると思いますが…
名古屋市中央卸売市場には、その仲間も (多くはないですが)鮮魚で入荷します。
その中でも比較的まとまる事もあるのがこちら
Dsc_0613
ハガツオです。顔がある動物に似ていて ・ ・ ・
“キツネ”とも呼ばれます。 鮮度が良く脂も乗った刺身には、根強い人気があります。
ほとんど鮮魚で入荷しないのがこちら
Dsc_1658
“そうだがつお”です。
これはヒラソウダ…かな?(汗) 似た魚で「マルソウダ」もありますね。
また、養殖もはじまっている魚、スマも この時季、稀に入荷します。
Dsc_5124_3
こちらの市場では“ヤイト”と呼ばれる事が多いように思います。
特徴的なお腹の星が、お灸の痕のようだからでしょう。
この魚も、知っている人にはかなりの人気があります。
いずれにしても、鮮度が重要です! 暑くない時期も、温度管理を大切にしましょう。

|

2015年11月10日 (火)

「リンゴ箱」 

市場を巡回中に偶然「発見」!!!!

「やっちゃ場」で見つけた「リンゴ箱」


1


 

 

通常のリンゴの流通形態は、このとおり「段ボール箱」


2

 

 

木製のリンゴ箱は珍しい!!

 

戦後の物の無かった時代

このリンゴ箱をひっくり返して「机」代わりにしていたと

聞いたことがある。

 

当時は、リンゴとリンゴの間のクッション材の代わりに、

「もみ殻」が入っていたような記憶があるなぁ


3

 

 

中央市場は、水産物だけでなく 色々な情報が集まる

食品流通の最前線だ。


4


一仕事終わって、「ホッ」とする頃、お日様が顔を出す。

さぁ!もうひと頑張り!!

 

 

 

今朝の水産市場

やや少ない入荷量

雨続きで、量販店の売れ行き悪い

 

|

2015年11月 9日 (月)

イワシ大漁!

140504_080902

最近2〜3ヶ月イワシ類が少なくあまり見えなかったのですが

1週間くらい前から定置網や巻き網漁にあがりはじめました。



定置網の漁師さんも「やっと見えてきたね〜今からだね。」と言っていました

イワシは大きい魚のエサとなるので今からの漁を期待したいですね。

|

2015年11月 9日 (月)

「ズワイガニ」 

6日が解禁日だった。

ロシア産は規制を受けてほとんど入荷が無い為

活ガ二のほとんどは国産。

 

 

「ゆでがに」を食べはじめると、なぜか、みんな無口になる。

なんとも不思議な水産物だ!

 

 

産地は、爪についている「タグ」で識別できる。

黄色は「福井:越前ガニ」

水色は「石川:加能ガ二」

白色は「鳥取:松葉ガ二」

青色は「島根県」…


1


2


3


 

茹でガ二のコツは、

カニ全体が浸かるよう大きな鍋にたっぷりの水を入れる。

塩を適量入れたら、あとは強力な火力で煮詰めるだけ。

水から沸騰するまでの時間が短いほど「カニミソ」が固まりやすくなる。

だから強力な火力が必要。

いきなり湯から茹でると、カニが温度差を感じて足を切り離す。

たかが茹でるだけだが、「こだわり」が詰まっている!

 

鍋を作る時、重要なことは、しっかり沸騰させること。

沸騰させずに調理すると、カニの身に含まれる色素のメラニンが作用して

真っ黒になる「黒変」が起きる事がある!!

 

高級な食材だけに、失敗しないよう注意したい。

 

 

今朝の水産市場

悪天候により活魚類の入荷少ない

|

2015年11月 8日 (日)

お魚祭り

Img_20151107_095405_2

Img_20151107_095548
昨日尾鷲漁協    主催の、お魚祭りがありました。

一般客相手のセリや魚料理教室、活魚のつかみ取りなどのイベントで盛り上がりました。

|

2015年11月 7日 (土)

「赤!!」 

「他人の空似」は「の他人」という!

 

良く似ていて別なもの。それでいてい物ってことで

「マダイ」

5

 と「チダイ」

4

 

 

 

水産物にも良く似た魚がたくさんある

見分けるポイントや、要は、「何が違うのか」を覚えるまで、

「新米の魚屋」の修業は続く。

実は、この修行が「職人技」へとつながっているのだ

 

 

 

マダイとチダイ!見分ける方法は、数々あれど

まず シッポの先端の「黒い色」


6

 

無ければ「チダイ」


3



エラぶたの先が「」ければチダイ


2


そうでなければマダイ


7


背びれの長さ、魚体の丸み、…

それらを総合的にみる

 

 

良く似た「タイ」の仲間だが、身質は全然違う

となれば、用途、値段、処理の仕方なども違う


1


8

 

 

 

「違いが分かる男」を目指し、修行は続く!

あぁ〜! 魚屋って、「なんてカッコ良いんだろう!!!!」

 

 

 

 

ちなみに、「の他人」や「真っなウソ」の「」は

「明確な」と言った意味。商売上の「字」を意味するものではない!!!

ここまで覚えて、一人前!!さらに修業は続くのだ!

 

 

今朝の水産市場

ズワイガニ漁解禁 初入荷あり!!

|

2015年11月 6日 (金)

明日11月7日

140703_064601

尾鷲の朝市が開催されます。

サンマ丸干し1本 80円

特大サバ 1本 250円

などが目玉商品となっています。

他にもびんちょう鮪などいろいろな魚が出店されますので

皆様のお越しをお待ちしています。

|

2015年11月 6日 (金)

ウミガメ




定置網にウミガメが入っていたそうです。
大きさは1メートルないぐらいでまだ小さかったです。

漁師さんの話だと近くの海に帰すとまた網にかかるそうで
沖の方に逃がしに行くそうです。

浦島太郎みたいですね。

| | コメント (0)

2015年11月 6日 (金)

「異変!」

2


3



秋が旬の「タルイカ」標準和名:ソデイカ

大きなものは10㌔を超える

水分が多いイカなので、一度凍結してから使うと

独特な「モチモチ感」が出て、美味しい!

寿司ネタなどに使われている


1


産地は、大きく分けて、山陰と沖縄

季節限定商品なので、秋の漁期に1年分購入

下処理をして、冷凍保管し、周年使用するのが常!

 

 

 

 

ところが今シーズン、山陰の水揚げが皆無!!

産地からも「赤いか(そでいか)」:まったくありません!こんな年は初めてです。」とレポートが来た!!

それを受けて、これから漁期が始まる、第二の産地、沖縄はどうか?

 

 

「無いものは、無い!代わりを探さないと!」

関係者は、異変に対応すべく、水面下で活動を開始した。

 

回転寿司のメニューから「タルイカ」(ソデイカ)の名前が

消える日が来るのか???

 

(画像はすべて過去の物)

 

 

 

 

今朝の水産市場

サバの入荷多い

 

|

2015年11月 5日 (木)

沖サワラ




尾鷲近辺の大敷網によく水揚げされています。
大きさは小さいもので5キロから大きいもので16キロぐらいの魚体です。

身は透き通っていて綺麗な身をしています。
刺身や焼き物にすると美味しいと思います。

| | コメント (0)

2015年11月 5日 (木)

「見分け方!」 

大きくしたり、美味しくするために「人工的にエサを与える」事を「養殖」という

 

したがって、海の中に入れるだけで、人工的にエサを与えない

例えば、プランクトンを捕食して育つもの…

アサリ、ワカメ、ホタテ、カキなどは「養殖」の定義からは外れる

 

水産市場で見つけた「アワビ」


1

こっちは「天然」


2


 

これは「養殖」

 

違いは、貝殻の色!!

アワビのエサはコンブなど海藻類。

 

同一のエサを与えて育てる「養殖」は

貝殻の色をグリーンにする

見れば、一発で区別できる!


3


陸上のプールでも「養殖」できる

味や食感は天然ものには及ばないが、

時化や休漁期間に左右されず出荷できるメリットを持つ

どちらを選ぶかは、あなた次第!!


4


 

 

今朝の水産市場

明日、一斉にズワイガニ漁解禁!

|

2015年11月 4日 (水)

メアシ

150916_073001

最近よく獲れるアジの仲間で形や色の良い魚です。

時期によっては美味しい時もありますが値段もお値打ちな魚です。

 

 

尾鷲地方でも干物屋が使っているところもあったりします。

もっとみなさんにとって身近な魚になって欲しい期待の魚です。

|

2015年11月 4日 (水)

「季節はずれ!」 

突然!「何かが、無性に食いたくなること」ってありませんか?

 
6
セリ場で「小アジ」発見!!
今朝は、なぜか、「南蛮漬け」が食いたくなる!
「甘酸っぱい」味付けは、どちらかというと
清涼感があり、夏の食べ物のイメージ!まさに季節外れ!!
6日には、ズワイガニの解禁日。
「なべ物」の季節真っただ中だが、「食いたいものは、食いたい!」
ってことで、セリ場で「チョイ!チョイ!!」と下準備
1
2
3
4
固くて食べにくい、「カマ」の部分と「胸ビレ」を
エラや内臓と一緒に取り除く!
完成品はこの形!!
5
鮮度の低下しやすい小さな魚の下処理は、
朝の内に「チョイ!チョイ!!」と済ませておく!
水産市場勤務者の特権!
道具は要らない!
エラの付け根(前側)を外す。
カマ、胸ビレ、内臓をエラごと引きちぎって、出来上がり
作業工程は、2行程!「いち、に。いち、に」
お皿に「この形」を見つけたら、食べやすく下処理済みの
「プロの技」と、感謝すべし!!!
今朝の水産市場
サバの入荷が一気に増えて相場・大暴落

|

2015年11月 3日 (火)

漁火




漁火?たき火?最近寒くなって来たので
尾鷲港の岸壁近くでは火をおこしています。

魚屋・漁師さんたちが水や氷で冷えた手をあたためています。
火の周りでは、よく人々が集まりいろんな話をしています。

| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

「市場まつり」 

1


昨日の日曜日、第6回市場まつりが行われました

来場された方、ありがとうございました

4    


お天気にも恵まれ 超盛況でした


2


3

 


 

今朝の水産市場

通常の月曜日

昨日の「市場まつり」を感じさせない

|

2015年11月 1日 (日)

ブダイ

Img_20151101_064758_2

鍋の季節がやってきましたね。

このブダイは尾鷲地方では鍋に入れる代表の一品です。

 

煮物にしても美味しい魚だと思います。

身がしっかりとしていて骨から外れやすく食べやすい魚です。

|