2016年5月23日 (月)

「時代」

毎朝、欠かさない
新聞広告のチェックで発見!!

回転すしチェーンの期間限定商品の広告
「活きたまま入荷!」
活アワビ!! 豪華なご馳走!…高級品だ!


1

おやっ!!
よく見ると、どの画像も「メガイアワビ」
水産市場では「赤アワビ」と呼ばれるモノ

一般的に、水産市場で、アワビは「赤と黒」
あるいは、「赤と青」に分けて流通している
この地方では、
子供ができた時に、「目に良い子になりますように」と
願いを込めて、赤をメスに、黒をオスに見立て
ペアで妊婦に食べさせる風習がある

実際には、オスメスではなく種類が違うのだが…

さらに、水産市場では、古くから
刺身には、身のしっかりした「黒」 
蒸し物や加熱用は、柔らかい身質の「赤」と教えている

もちろん、「アカ・アワビ」でも刺身はできるが…

固定概念にとらわれない時代の変化を感じる広告だが
水産市場の古参兵には、違和感たっぷりだ!!

|

« 「親子教室」 | トップページ | 「シマ模様」 »