2016年6月17日 (金)

「アカシャエビ!」

1

このエビ!
名古屋では「アカシャエビ」という
産地は、伊勢湾、愛知県産

ところが図鑑で調べても見つからない
「地方名」というヤツだ

じゃあ、標準和名はと言うと
これがまた「ややこしい」

2

その多くは「サルエビ」なのだが、種類の違うエビも混じる
早い話「小エビ」の事を、「アカシャエビ」と呼んでいるのだ

すなわち、この地方の水産市場で言う「アカシャエビ」とは
地方名、且つ、小型のエビの総称と言うことになる

3

伊勢湾、三河湾では昔から小エビがたくさん獲れた
複数の種が混ざる小エビを、総称して「アカシャエビ」と呼び
えびせんべい等を作っていた歴史がある

この時期「塩ゆで」は最高!!

ややこしい話だが、呼び名も、地域の食文化なのだ!!

|

« ハモ | トップページ | 「油津(あぶらつ)」 »