2016年6月 2日 (木)

「裏・表?それとも右・左」

二枚貝の代表格「ホタテガイ」
認知度の高い貝で、ほとんどの人が想像できる
旬は、春〜初夏と今ごろ


1
ところが、「タコ」同様、イメージのみの記憶で
細部の情報までは、まるきり伝わっていないのが実情

貝殻は「左右非対称」すなわち砂には潜らない
右貝は白色でふくらみがある
一方左貝は茶色で、平ら

2

海底では、右貝を海底方向(下)に、左貝を海面方向(上)に向けた格好で生活して
いる
海底を覗くと、茶色い平たい方が見えるため、砂地の海底の保護色となり
敵に発見されずらい

泳ぎ方は、開いた貝殻を勢いよく閉じ、貝殻の中に取り込んだ海水を
蝶番の左右にある「噴出口」から勢いよく吹き出し、貝殻を閉じた方向へ進む

膨らみ、色、泳ぎ方。たったこれだけでも
間違って思い込んでいる人が多い。

貝殻ごと焼いて食べる「バーベキュー」は
白色・右貝を下にして網に乗せれば、火がとおって、急に
貝殻が開いても、貝から出た、美味しいダシが、こぼれなくてすむ

|

« 真タコ | トップページ | 「ケンサキイカ」 »