2016年9月 6日 (火)

「これ何だ?」

1

売り場で発見!
「これ、何だ?」
レトロ感漂う、「鰹節削り器」

2

昔は、どこの家庭にも有った。
これは、その、「おしゃれバージョン」!!
3

早い話、大工道具の「カンナ」が、木製台に
ひっくり返って付いていて、それで、鰹節を削ろうって、代物!!

見れば、見るほど「こだわりの塊」!!
オール柾目の木製台に、「青紙鋼」製の「刃」が付いたカンナ

「青紙鋼」と言えば、日本が世界に誇る、日立金属製!
出来上がった、鋼材に青紙、白紙をつけて区別したことからそう呼ばれる

安来鋼(やすきはがね)の一種で、硬く、粘り強いため
切れ味が長く維持できる。高級な和包丁に使われる鋼材!!

その昔、良い子は、大工の棟梁が削った、「カンナ屑」のような
鰹節を削ることをイメージして、鰹節削りの「お手伝い」をしたもんだ!

4

こだわりの「鰹節削り器」で、こだわりの「鰹節」を削ってみよう!!
香りや、味はもちろん、「思い」までが詰まった「すごい!料理」が出来上がる

|

« 底引き網 | トップページ | 「神戸」 »