2016年9月17日 (土)

「ルール!」

販売準備が整い、せりを待つ「キハダマグロ」


1

水産市場では、マグロの品質チェックができるよう
画像のように、シッポの付け根を皮一枚残して切る

2

担当者は入念に下見をして、値段を決め、「セリ」に臨むわけだ
もちろん、1尾づつ、品質をチェックする!
チェック項目は、脂ののり、身質、色目などで
顧客により優先順位が異なるから、おもしろい!

無造作に切ってある、断面だが、切り方にも、ルールがある。

これが、切断前のシッポ
第二背ビレや、尻ビレの後ろに、
「小離鰭(しょうりき)」と呼ばれる黄色い三角の突起がある

3

スピードを上げて泳ぐ時、水流の乱れを防ぐ役目がある。

この「小離鰭」の尻ビレの後ろ4つ目と5つ目のところで切るのが
名古屋市場のルールだ
こんな感じ!!

2_2

「きれいに見えるから」と言う理由で
3番目と4番目の間を切る担当者もいるが
厳密には「ルール違反」だぞ!!

|

« 「ブルブル~!」 | トップページ | 「アオメエソ」 »