2016年10月29日 (土)

「ワカサギ!」

季節限定「シシャモ」そっくり!!





こちらは「ワカサギ」
分類学でいう「属」違い
ま~、早い話、シシャモとは親戚関係だ

はらわたはほとんど気にならない。丸のまま利用できる。
鱗は薄くほとんど気にならない、皮も薄い。骨も軟らかい。
熱を通しても硬くならない。

以上の理由から、ウロコも取らず、内臓も出さず
そのまま「丸」で「天ぷら」などにして食べる

お値段も手ごろで、栄養価も高く、
学校給食などでも「小魚」のジャンルで使われることが多い





ワカサギの「目」が「きもい」という子供が多いため
学校給食では、頭からシッポまで「ころも」をかけて、
天ぷらにする
こんな感じ! 
「ころも」タップリの天ぷらになる

|

« 大敷網 | トップページ | 「ケーヒ!」 »



(ウェブ上には掲載しません)