2016年10月 8日 (土)

「電気ショッカー!」

マグロの解体風景
この地方では、「長包丁」を使って
右背・右腹・骨・左背・左腹の「5枚」におろす





「ほら!真ん中で内出血の跡があるだろ!」
電気ショッカーの威力だよ!!





「電気ショッカー???」

そう!
マグロ類は大きなもので300㌔
キハダ類でも40~50㎏ある
釣といっても、おとなしく船上まで上がって来るわけではない!
最近では、巻上げ機を使用している船が増えたとはいえ
船に近づいてからの「マグロのひと跳ね」は
漁師にとってはとても危険!

シッポの付け根についている「尾柄隆起(キール)」
通称「犬殺し」は、「斧」と同じくらいの破壊力を持つ!!

で、釣れたマグロを電気で「ビリビリッ」って、気絶させ
おとなしくさせるってわけ!
その道具が「電気ショッカー」




元気が良いマグロほど効き目があって
「ビクッ!」ときて、背骨の一番細い部分、
すなわち、魚体の真ん中くらいで、折れる事がある
その時の内出血の跡ってわけだ



|

« 「ギトギト!」 | トップページ | 知りたい情報にアクセス!! »



(ウェブ上には掲載しません)