2016年12月29日 (木)

「仕分け作業」

今年も、残すところあと3日になった
水産市場では、大みそかモードに入った


4

事前に発注を受けた、商品をお客様ごとに仕分けして
決められた時間までに、配送便に積み込む
ただ、それだけ!それに集中するのがこれからの3日間だ!
って言うか、いつもの「魚の目利き」をする余裕は無い!!

難しいのは、複数の商品を、複数のお客様向け配送便に、短時間で積み
決められた時間に、出発させることだ

1

狭い市場なので、同じ場所を、時間を区切って使っている

すなわち、「A」のお客様の仕分けを完了して
出発させないと、次の「B」のお客様に取り掛かれない
逆に、「A」が終わっても、終わらなくても
「B」の配車でトラックは来る。商品も搬入される

2

列車のダイヤのように、分刻みの仕事になる
作業に要する時間はもちろん、配車も、商品も
全て時間どおりに到着、作業しないと、すべてに影響する

3

そんな中、茨城県で震度6弱の地震
到着便に影響は無いか? 関東からの便はちゃんと着いているか?
担当者は気がかりだが、そんな余裕さえなくなるのが、
年末の水産市場だ!

|

« 「コレゴヌス・マレーナ」 | トップページ | 「静けさ」 »