2016年12月21日 (水)

「砂糖」

これは、タラのフィレ(三枚おろし)
鍋物にしたり、フライにしたり、ホイル焼きも良いナ



水産市場では「ブアダラ」と呼ぶ「塩ダラ・フィレ」もある。

でも、タラ独特の匂いが気になるあなた!
チョイと「ひと手間」で匂いが気にならなくなるプロの技を紹介するよ!!

タラの匂いは、鮮度低下がもたらすトリメチルアミン(腐敗臭のひとつ)

タラの身の中に含まれる、水分に匂いが閉じ込められている
身の水分を抜いてやれば、匂いも一緒にとれるってワケ!

で、登場するのが「塩」!じゃなくて、「酒」!でもなくて、
今回に限り「砂糖」!!




(画像はNHKテレビ より)
砂糖を「チョイチョイ」って振りかければ、水気が染み出てくる
この水分を「ポイ」して、きれいにふき取れば、あら不思議!
匂いは気にならなくなって、副産物として、身がしまる!

えっ?「甘く」ならないかって?
それが言うほど、甘くならないから不思議なんだ!
疑ってる、そこのあなた! 
一回やってみて!! 驚くよ!!

|

« 「珍しい」 | トップページ | 「正月用品」 »



(ウェブ上には掲載しません)