2017年1月23日 (月)

「新物」

こんなシールを発見!



「新物」=「しんもの」「あらもの」「しんぶつ」
だいたい、何て読んだら良いのか?

辞書を引けば、本来「あらもの」と読んで、
特に生のままで進物にした魚貝と言う意味!だそうな!

しかし、水産市場では、「しんもの」と読んで、
「初物」「旬のもの」と言う意味で使われることが多い
すなわち、「シーズンが始まった」初物をイメージした呼び方ってこと!

担当者に言わせれば、「ひね物」の存在する、旬の水産物で
今年の物を「新物」(しんもの)と呼ぶ!!

確かに!!

じゃあ、いつまで新物って呼び方が通用するんだい?



そうそう!そこが難しい!
「旬の走り」に限り…
「ひね物」な無くなるまで…
「解禁日」より1~2か月の間…
決まった定義が無いが、新しいと感じるまでは「新物」ってか!!!

|

« 知りたい情報にアクセス!! | トップページ | 「春節」 »



(ウェブ上には掲載しません)