2017年1月 6日 (金)

「ジャキジャキ!」

何かと話題が多い築地市場
2017年の初市は、「築地」で行われた

一番札のマグロは7420万だった
名古屋の市場では、30万円程度!
ところ変われば、何とやらってことで…

水産市場の初春は「新・ワカメ」から始まる
愛知県知多地域でも養殖している



エサを与えない無給餌養殖だ

海藻には「緑藻類、褐藻類、紅藻類」の三種類ある
早い話、緑、褐色、赤の三種類あるわけだ

ワカメはその中で、褐藻類
ほれっ!



こんな色!

ワカメって「緑色だろっ!」って思っている、あなた!
お湯に入れると、緑に変わる仕組みを説明するよ!!



ワカメに含まれる色素は、緑色のクロロフィルと黄色のフコキサンチン。
フコキサンチンは、生の時はたんぱく質と結びつくことで赤色をしている
したがって、緑と赤が混ざることで褐色に見えるワケ!
熱が加えられることによってフコキサンチンはたんぱく質との結合がとれ、赤から
(本来の)黄色に変わる。
でも、熱に強いクロロフィルは色が変わらない。
すなわち「緑+赤⇒褐色」から「緑+黄⇒緑」になり、緑色になるってワケ



で、セロファンのように薄く「ビラビラ」なワカメの葉でも
ゆで上がって、食べると
「ジャキジャキ」の歯ごたえになるからビックリするぞ!

これが、「新・ワカメ」の醍醐味!!!
水産市場、春いちばんの「旬」の味だ!

|

« 「プルプル~」 | トップページ | 知りたい情報にアクセス!! »



(ウェブ上には掲載しません)