2017年2月28日 (火)

「タグ」




131㌔の「ミナミマグロ」
インドネシア産だ



名古屋では「インドマグロ」と呼ばれ、取引されている

インドマグロはCCSBTで厳しく資源管理されている
だから、1尾づつIDナンバーの付いた証書が付いている



美味しく、食べながら資源管理を進める
乱獲を防ぎ、水産資源を守る為には欠かせない取り組みだ

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

「言葉」

違いを「言葉」で表すって難しい!!

ひな祭りに欠かせないお供え物「ハマグリ」
この「ハマグリ」には種類があるが
市場では「呼び分けない」商取引習慣がある
早い話、全て「ハマグリ」で流通
ここまでは、話したよね

では、認知度の高い「アサリ」とはどう見分けるか?
知らない人や、子供に伝えるには??
どう、説明すれば伝わるか?

そんな時は
貝殻が「ザラザラ」なのは「アサリ」



「ツルツル」なのは「ハマグリ」と教えよう!



これで、アサリとハマグリの見分けが付くはずだ!

違いを、簡単に分かり易く伝える!
言葉で教える事は、意外に難しい!!

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

知りたい情報にアクセス!!

ー 魚食普及ネットワーク ー

魚食普及ネットワークでは、三重の近海でのお魚の水揚げ状況や港の情報をはじめ、市場やお魚マイスターのうんちく、スーパー各店様への出荷情報を公開中!

日本のお魚をもっと食べていただけるように様々な角度から情報を公開していきたいと思います。


お買い得情報
スーパー各店様に水揚げされたお魚を出荷した時にお知らせ!

近日中のお買い得情報の先取り?!

水揚げ風景

深夜から早朝にかけて漁師さんが漁をしてその日の朝に水揚げされたお魚を紹介!

天候や季節によって捕れる魚も変わります。たまにとんでもないお魚に出会えるかも・・・

お魚マイスターの独り言
「おさかなマイスター」というお魚博士が滅多に見れない市場の中の状況や、お魚のうんちく、仕入れの状況等プロの目線で情報公開中!!

普段は見る事の出来ない市場内の写真も公開してます!

※ 現在は「おさかなかたりべ 水産市場のこだわり」と統合しております。

おさかなかたりべ 水産市場のこだわり

さかなのこだわりを紹介しちゃいます!

同じ魚でも産地が変わるとどうなの?

この魚って何が良いの?

何気なく目にするお魚のあれこれを「こだわって」紹介します!

お魚日記

漁港の方々の思いや、海をとおして感じた事など公開して行きます。

「現地の声」をお聞きください。

尾鷲朝市コーナー

毎月行われる尾鷲朝市の模様をお伝えして行きます。

港の漁師さん達が直接お客様にお魚の良さを伝えながら、昔ながらのにぎやかな光景をお届けいたします。

魚食普及ネットワーク協力会社

光洋水産株式会社

丸清北村商店

| | トラックバック (2)

2017年2月25日 (土)

「オレンジ」

ホタテガイの「むき身」
水産市場では「なまたま」と呼ばれ流通している
ホタテガイの「貝柱」だけを取り出したものだ

よく見ると一粒色が違う!

1

「オレンジミート」だ

2

エサの関係で、筋肉に色が付く
「味が濃い」から「大当たり」という人もいれば
「変な色」で気持ちが悪いとクレームにする人もいる

人畜無害なのは間違いないが
同じものを見ても
「アタリ」と「ハズレ」まったく意見が異なる

Photo

人生の縮図がこんな所にもあるんだね!

|

2017年2月24日 (金)

「お供え物」

ひな祭りが近くなった

この地方では、当日もしくは
婚期を遅らせないように、前倒してお祝いするのが一般的

で、祝い膳に出てくる水産物と言えば
ハマグリ…夫婦和合の象徴
サヨリ2尾…お箸の代わり
昔はボイルタニシ…今はボイル青柳やボイルアサリ
ってところ

中でも「ハマグリ」は、ちょっと特殊な貝だ

国内にはハマグリ、チョウセンハマグリがあり

2

輸入ものには
中国・韓国などからのシナハマグリ

1
台湾からのタイワンハマグリ
東南アジアからのミスハマグリ
があるが、水産市場では、すべて「ハマグリ」で流通していて
「種」が違っていても、呼び分けていない

なぜかって?
産地で区別できるから良いんだろうな!!きっと!

|

2017年2月23日 (木)

「旨いもの」

旨いもんが食いてぇ~!

そんな人にお勧めの逸品
「クロザコエビ」
水深300㍍~1,000㍍に生息する深海性のエビ!

1

名前の由来は
黒い「雑魚」エビ = 黒・雑魚・エビってところ!

水揚げ後、時間の経過と共に、頭が黒く変色する為
流通に向かなかったことが原因で、
地元に行かないと味わえない幻の「珍味」だった

最近では、交通網の発達と最新のテクノロジーで
ずいぶん上手に運べるようになった

2


生でも美味いが、
熱処理したほうが、より旨みを強く感じることができる

早い話、
塩焼きや、ボイルすれば、超・美味い!!

|

2017年2月21日 (火)

「旬」

水産市場
今一番ホットな「旬」なものは?
「三河のトリガイ」!

料亭はもちろん、寿司屋や、居酒屋など
腕に覚えがある「板前」がいる店なら
そう答えるに違いない

「トリガイ」と言えば
回転寿司ではこんな感じ




でも、旬の「初物」のイメージは



こんな感じ

貝殻を見て「トリガイ」だと分かれば
かなりコアなお魚フリークと言える

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

「はじめまして」

これ何?
始めて見た!!






ホタテガイに似ているけど、ちょっと違う!
ホタテは、ほれ!こんな感じ



イタヤガイとも違うな
イタヤガイはこんな感じ、色が違う




ホタテより味が濃いため、炊き込みご飯などで
一部のマニアに食べられていた地元でもマイナーな貝
「アカザラガイ」!!

実は、宮城県気仙沼ではカキ養殖に付着する厄介者
地元でも「特殊な貝」の位置づけ

名古屋の市場では「新参者」になる

でも、誰かが説明しないと、誰も知らないままだ

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

「大きさ」

この「タイ」何キロあるだろう?



答えは6㌔

もちろん、天然マダイだ

こっちは養殖マダイ



色も、形も違うが、大きさも違う


養殖マダイは、一般的に2.5㌔を超えるような大きなものは無い
与えるエサと、大きくなる比率を考え
出荷サイズが決まる!
すなわち、2㌔を超えると成長スピードが著しく落ち
エサを与えて大きくしても採算が取れなくなるからだ

ってことは、3㌔を超えるようなマダイは
ほとんど天然??と聞かれると
答えは「びみょー」だな

養殖いけすの周辺で、養殖魚のえさの「おこぼれ」をもらって育つ
魚は、養殖でも天然でもない魚に分類されるからだ

すなわち、魚には「天然」「養殖」「どちらでもない」の
三種類があるってことだナ!

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

しもやけ

今日は少し暖かい日になってます。
明日からまた寒くなるかもしれないとの話もある中で、魚屋はしもやけになりにくいって話あるの知ってました?


普段から漁師をはじめ漁業関係の人達は氷をよく扱います。
暑い日も寒い日も冷たい氷を扱い、触っているため「寒い日」程度ではしもやけにならない。

職業病というか、職業得ですかね。

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

「毒針」

まるで、映画を見ているような出来事に
世界中が驚いた!!
「毒」「毒針」「暗殺」?事件!!
しばらくは、動向から目が離せない!な

毒針と言えば
水産物の世界でも「まさか!」の毒針は存在する
「エゾボラ」…一般的には「ツブ貝」の名前で流通している
なんと「肉食」の巻貝だ!



え~!!肉食??
貝が肉食?? 
「じっ」としている貝が、「動き回る魚」を食べるワケ??
そう!毒矢を放ち、身動きができなくなった獲物に
そっと近づき、食べるんだ!




身の中に毒を作る部分「唾液腺」がある
だから、調理する時は、その部分を取り除く必要がある

なるほど!!
お寿司で食べる「ツブ」は、こうして徐毒して
調理されている!


| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

「クイズ」

この魚知ってる?



名前は?
「名は体を表す」

よく見て!!

答えは…
「メヒカリ」!!→ 正解!
でもそれは「地方名」

標準和名は「アオメエソ」という
もう一度、画像をよく見て!!青く(緑)光る目が印象的でしょ!
「青目のエソ」ってことかな!
やっぱり、光る目が名前になったんだ!

深海魚なので脂たっぷり、骨は柔らかい!
から揚げにして良し!むっちゃ、美味い!!

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

「ベビー」

ホタテガイはエサを与えない無給餌養殖
「垂下式」と言って、海に浮かぶ「筏(いかだ)」から
ロープに吊るし「ぶどう」のようにぶら下げるか、
「地まき」で直接海底にまくかどちらか。

こんな時期、網の中で育てられた小さなホタテは
間引きを繰り返し、残ったものは、
垂下式として一枚ずつロープに固定し吊るされる

養殖ホタテの「間引き品」と言わず
市場では、「ベビーホタテ」の名前で商品化
かわいらしい愛称で流通している



こんな小さくても、表と裏の色やふくらみの違いがはっきり分かる



復習!!
砂に潜らない2枚貝の貝殻は左右非対称!
そう!思い出した?

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

「ゆえん!」

ネタ当てクイズ



これ・なんだ?

簡単×2!
寿司屋に行けばいつも食べるやつ
そう!「カンパチ」… 正解!

こんな恰好をしている魚だ。



では「カンパチ」の名前の由来は?
漢字で書くと分かり易い!
「間八」(かんぱち)

目と目の間に「八」の字があるから!
活きている時、上から見れば、こんな感じ!




だろっ!!
それが名前の「所以(ゆえん)」だよ!!

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

「サメ肌とトリ肌」

水産市場が行う、食育出前授業
中でも一番人気は「タッチプール」!!

活きているお魚に触ろうと言うもの

ほとんどの児童が歓声をあげて、大はしゃぎする

ただ触って、大喜びではない
「サメ」に触れて「サメ肌」を確認しようという学習付きだ



触ってビックリ「ザラザラ」している




その感触に「ゾゾッ」とした君の腕に、
ブツブツができた。それを「トリ肌」という

「サメ肌」と「トリ肌」って、全然違うだろ!!!

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

「アオイガイ」

なんじゃ・こりゃ?

1

貝殻の付いたタコ?

2

ヤリイカのような長い身体じゃ貝殻に収まらないな!
でも、目玉の形はそっくりだ!

3

4

これは、「アオイガイ」と言って、貝の仲間
でも、タコ、イカにそっくり!!
貝殻を背負ったタコって感じ!!だな

そう!!
だから、イカ、タコは、貝の仲間って事!!

|

2017年2月 4日 (土)

「しぐれ」

コンビニのおにぎりの具・何が一番好き?

そりゃ、「しぐれ」でしょ!!

じゃあ、「しぐれ」って原料は何?

「アサリ」…



「牛肉」…



え~??

そう!この辺り東海三県では
「しぐれ」のおにぎりと言えば「アサリ」

でも、関東地区で「しぐれ」のおにぎり
と言えば「牛肉」!!


ところ変われば、何とやら!!

これも、食文化ってことだナ

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

「春分」

本日、節分なり!
暦で言うところの「冬」と「春」の境目!
明日からは「春」。新しい年が始まる

水産市場では、「節分イワシ」や「恵方巻き」関係は
大忙しだが、一般の魚は「さっぱり」だった

新・ワカメで始まった水産市場だが
着実に春に近づいている
ワカメの出回る順番は「葉」「茎」「メカブ」の順番で
メカブが一番遅い
ってことで、「ワカメ茎」が出回りが増えてきた






節分が終われば「ワカメ・メカブ」もそろそろか?

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

「最近見なくなったもの」

早朝のセリ場での会話

「最近、魚屋って見なくなったなぁ〜」
そうだね!
見なくなっていえば
「八百屋」も見なくなったなぁ〜

Photo

(画像はネットから)
「駄菓子屋」に「学校の前にあった文房具屋」
それから…「時計屋」に「牛乳屋」だって見なくなった!

1
(画像はネットから)

2
(画像はネットから)
昭和の時代には、普通にあったお店も
今や絶滅危惧種になっている

じゃぁ、どこへ行ったの?
その答えは、大型のスーパー、ホームセンターなどさ!
便利になったのか、不便になったのか、意見が分かれるところだな

そんな「昔話」に花が咲く水産市場のセリ場だった
今朝は、こんな話ができるほど、売れ行き悪く、ヒマな「市」だ!

|