2017年4月22日 (土)

「二本差し」 

あぁ〜!「キハダ、喰いてぇ〜!!」
無性に刺身が食いたくなる時ってありませんか?
どうせ食うなら旨いヤツ!
こんな感じ!

1_3

宮崎県・油津産の「脂もん」!
名古屋人には、キハダの上物が「ご馳走」だ!

水産市場勤務の特権は
大物でも「原体・素性」から吟味できる事!

2

おっと!
水産市場・マグロ売り場で「侍」発見!

3_2

4  
5

刀ではないが「二本差し」
渡世人のような「一本差し」もいるぞ!

刀じゃなくて「手カギ」だけどね!

「手カギ」??

6

マグロの移動時に使うプロの道具
中腰にならずに済むので担当者の腰にやさしい。

7

それでいて、魚体を傷めず、移動できる!
生、冷凍を問わず、重たく、大きく、持ち所の無い「マグロ」を
素早く移動させることができる「優れもの」

「二本差し」は、水産市場の「花形」!
マグロ部門・担当者の「晴れ姿」である
ぅお〜!!カッコえぇ〜!
これぞ、魚屋!!

手カギの使い方はいたって簡単 見ての通り
マグロの皮目に「カギ」をひっかけ持ち上げる
80キロまでなら、一人で持ちあげ移動できちゃう
ほれっ!マッチョだぜ!


よく見れば
同じ長さの「二本差し」と
大・小、二本の「二本差し」
その違いって分かるかナ〜??

どうでもいい「コア」な話だな

「大・小二本」は「ばんだい」にマグロを乗せる時に便利

8
9

頭の方に短い手カギ、シッポ側は長い手カギ
「あ〜ら・よっと!」つー感じで持ち上げる
ってことは、仲卸に多い。

同じ長さの手カギってことは、せり場での移動や
検量=「秤(はかり)」に乗せる仕事。すなわち大問屋・荷受けに多い
ついでに、渡世人・一本刀は、「ばんだい」にも「秤」にも乗せず
トラックから降ろして、箱から出すまでの
荷役の担当者に多い
仕事の内容で、道具が変わるってことだナ
だって俺たち「プロ」だから!!

って言っても
ただそれだけのこと!
ただし、「見る」のと「やってみる」では大違い
手カギの扱いも「プロの技」があるけどネ!

|

« 桜ぶりのシーズン到来!! | トップページ | 知りたい情報にアクセス!! »