2017年4月 6日 (木)

「どっち?」

春は「貝」が旨い!

漢字で書く時「虫」が付く貝と付かない貝
古代中国が絡んでいたよネ
忘れた人は 過去ログ見てネ

今回は
タイラガイ、ミルガイ、ホッキガイ、アオヤギ、などの話

6

タイラガイ
7  
ミルクガイ
8  
ホッキガイ
9
アオヤギ

これだけ聞いて「ピン」ときた、あなた!
さすが!!!

え~!何のこと?
って言うのが一般人(シャバの人)!

ヒント!、それらに、「大アサリ」とくれば??
もう分かったかな??

「芸名」?
正解!これらは皆、「市場名」
じゃあ 図鑑で調べる時の「標準和名」は?

タイラガイ → タイラギ(玉珧)=標準和名
ミルガイ  → ミルクイ(海松食)=標準和名
ホッキガイ → ウバガイ(姥貝)=標準和名
アオヤギ  → バカガイ(馬鹿貝)=標準和名
大アサリ  → 三河地方ではウチムラサキガイ(内紫貝)=標準和名
        関東地方ではホンビノスガイ(本美之主貝)=標準和名

Photo
タイラギ
Photo_2  
ミルクイ
Photo_3  
ウバガイ
Photo_4
バカガイ
Photo_5  
ウチムラサキガイ 

なんと!?
どっちが、標準和名か分からない響きだナ!

ど~でもいい話ちゃぁ、どーでもいいが
「え~?そうだったの?」が、見つかる!
だから、水産市場は「面白い!」

|

« 知りたい情報にアクセス!! | トップページ | 「下処理」 »