2017年5月20日 (土)

「冷静に考える」 

水産業界では、未だ「アニサキス」騒動による「風評被害」を被っている!



今朝の水産市場は、かつて経験したことがないくらい
「安い」「売れない」「売れ残る」の「三重苦」に見舞われた



報道「アニサキス 生の魚介類で猛威 10年で20倍に」
の見出しを見た消費者が過剰に反応し、消費が凍りついた。
これも大きな原因のひとつだ。

皆さん! 報道を冷静に読みましょう!
確かに、アニサキスによる食中毒は
2007年に6件が2016年に124件になったとある。
食中毒発生原因の多い順番で言えば、
ノロウイルス、カンピロバクターに続いて3番目とのこと。
確かに、それは事実だ。

でも、厚生労働省が発表した2016年の食中毒統計資料:食中毒発生状況によれば
2016年は、全国で1,139件:20,252人の食中毒が発生した
その内42㌫の480件:7,483人が「細菌」によるもの
31㌫の356件:11,426人が「ウイルス」によるもの
13㌫の147件:406人が「寄生虫」によるもの
その147件のうち、124:126人件が「アニサキス」によるもので、
10年で20倍になった。というもの。
すなわち、20,252人の食中毒患者の内、
126人が「アニサキス」が原因だった。

これが事実。
だから、売る方も、食べる方も、用心しましょ!
正しい知識を身につけましょ!って言ってるだけのこと!
解っていただけますか?

最後までしっかり読んで、冷静に考えろ!
これって、市場の大先輩の「教え」だったよね!
思い出した?

3人の旅人 割り勘で買った魚 
100円づつバック ポケットに200円
消えた100円の話だよ!!

最初を間違えると、「魚は危険」になっちまう!
お互い気をつけようね!って言ってるだけなのに
魚が「悪者」になっちまう!
これって、おかしくね~?

みんな!魚は美味しく、健康的な食べ物!
「悪もん」じゃないよ!!
日本の旬を味わえて、いろんなことを教えてくれる!
「ノーリスク」って、この世には存在しない!
だから、食べる側も、売る側も、
注意しながら美味しく食べようよ!!

|

« 「新仔」 | トップページ | 「ハッポー」   »



(ウェブ上には掲載しません)