2017年5月31日 (水)

「キンメの目」

金目(キンメ)って言うぐらいだから、
キンメの「目玉」って、金色なんじゃない!!
でも、金色じやないけど「金魚」って言うからな…


おっと!そうきたか!
「百聞は一見に如かず」!
「論より証拠」!
早速見てみよう!

疑問に思ったら、すぐ確かめる。
これ「食育」の基本だぜ!
で、すぐ確かめられるのが水産市場の良いところ!!

鉄は熱いうちに打て!って、
「なぜ、なぜ怪獣」は未来の「お得意様」
美味しく食べて、楽しく学習!なんちゃって!!ね。

ほれっ!
これがキンメの目。



ついでに、他の魚を見てみようか!
タチウオ。アイナメ。イサキ。キス。カマス。















なに?赤い色をした魚が見たいって?
ほれっ!レンコダイ。アカムツ。チダイ。
ついでに、ケンサキイカ。










<!--image:10-->

目玉って、みんな黒色じゃん!

やっぱり、キンメの目玉は「独特だ!」な。
確かに金色に見える。

キンメの「目ん玉」が金色に見えるのは、
光を集めるため、瞳の奥に反射層があり、それが反射して金色に見えるから。
光が届かない深い海の底で生活しているからの工夫だね。

じゃあ、海面に姿を現した時は、さぞかし「まぶしい」だろうね!
あ…、なるほど。そうくるのか?
子供の反応って面白い!

答えがわかったついでに、ちょっとだけお勉強。
「目は口ほどに物を言う」…
気持ちのこもった目つきは、言葉で説明するのと同じく、
相手に気持ちが伝わるんだよ。

「目力」(めぢから)…目が与える強い印象
「眼力」(がんりき)…洞察力
「魚の目」(うおのめ)…これは、魚には関係ないから注意×2!

「目」っていろんな例えがあるんだね。

キンメの煮つけを食べたら、目玉を探してみようか?
白い丸い大きな玉(水晶体)が見つかるはず
魚の目ん玉(水晶体)はなぜか「真ん丸」!
その謎は、また次の機会に勉強しようね。

魚屋さんは情報の宝庫。
買い物に行ったら、かならず立ち寄ろう!!
見ているだけで、どんどん疑問が湧いてくる!
冷やかし大歓迎!!
美味しく食べて、楽しく学習。
毎日の積み重ねが、豊かな感受性と、たくましい想像力を作り上げる。
魚って、ホントにすごいだろ!

|

« 「スルメイカ」 | トップページ | 知りたい情報にアクセス!! »



(ウェブ上には掲載しません)