2017年6月26日 (月)

「縁の下の力持ち」

水産市場はいつも真剣勝負!
「ぐずぐず」してちゃ鮮度が落ちる!

「さっさ!」と判断!「ちゃっちゃ!」と行動!
でも、何と言っても「繊細な水産物」が商品!
取扱いには、最新の注意が必要になる!!

で、注意が必要なポイントは以下の3点!

※「徐毒」の必要がある水産物 → チェック!
…フグや巻貝(エゾボラなど)などなど  



※取扱いに注意しないとケガに結びつく → チェック!
…タチウオやハモの歯など。噛みつかれると大変!



※商品の取り扱い特性 → チェック!
…扱い方で品質劣化を引き起こす(サワラ、ウニなど)




それ以外にも、注意が必要なものがあるぞ!

     
その代表格が、この「輪っか」!!



単なるゴミに見えるが、重大なリスクがあり「超・危険!」
見つけたら、問答無用!
即!カッターで切断し、一本の「ひも状」にしておく事!!



ここ「重要」!!
「輪っか」を見つけたら、切る!


この「輪っか」は、PPバンドと呼ばれ、箱を結束する時に使う
今では、色々な商品で使われている





問題なのは、その形状!!「輪っか」になっている所
水産市場は「さっさ!」&「ちゃっちゃ!」の仕事が多い。
「ちゃっちゃ!」すなわち、大急ぎ!
ってことは、荷物を持って走る!
そんなこと、日常茶飯事!あたりまえ!
    
でも、その「当たり前」に危険が潜んでいる!
輪っかに足をとられると…「転倒」につながる!
しかも、単なる「転倒」じゃないぞ!!

「両手には魚箱。走る!そして、下はコンクリート」
ってことは、転んだら「まとも!」受け身なんかできないぞ!!

転倒は骨折の「重症」に結びつく。
骨折したら、その魚、明日から誰が運ぶんだ?
ってね。

市場には、鮮度良く魚を流通させる「使命」がある。
それは、市場機能の最優先事項のひとつ。
その「使命」の上に、お客様の笑顔が成り立っているんだ!!
消費者の目には触れない部分だが、
「スゲー大事」な市場の「キモ」の部分。



明日も「おいしい魚」を笑顔で食べてもらう為!!
「輪っか」は見つけたら、即!切る!


|

« 知りたい情報にアクセス!! | トップページ | 「シャコ」と「タコ」 »



(ウェブ上には掲載しません)