2017年6月27日 (火)

「シャコ」と「タコ」

「シャコ」と「タコ」
寿司屋で、聞き間違いって経験ない?

あるワケないじゃん!
「シャコ」はこんなの!

1

「タコ」はこんなの!

2

全然、違うじゃん!!


って、ゴメン!ゴメン!
回っている「お寿司」の識別じゃなくて
注文した時の「言葉のひびき」のこと!

一昔前なら、聞き間違いの無いように
「シャコ」のことを「ガレージ」って復唱した大将もいたな。

「シャコ」握って!
「へい!ガレージ一丁!」ってね!
シャコ → 車庫 → ガレージって、
今ならオヤジギャグすぎて笑いも出ねえな!!


一般的に茹でてから食べる。カニやエビと同じ食べ方。
オスよりメスの方が好きだな!
関東じゃ「かつぶし」っていって、内子(卵)をもった身の方が
歯ごたえも、旨みもあって、人気があるよ。

オス・メスの見分け方はいたって簡単!3つ目の足の横から
足とは別に一本づつ「チ○ポ」みたいに、付いているのがオス!

3

4

無いのがメス!分かり易いだろ!!
でもって、同じ甲殻類でも、エビ、カニとはちょっと分類が違うんだな。
こんな感じ!!
「十脚目」ではないから、アレルギー表示に書かれている
「エビ、カニ」からは外れるよ!

5


かと言って、
アレルギーと関係ないかと言えば、
広い意味で「甲殻類」だからね!
程度は低いものの、何がしかの影響があるかもね!
自分に何のアレルギーがあるか、早い機会に調べておこうね!

6

おかしなもので、「エビ・アレルギー」の人でも
カニはOKって人と、やっぱ、カニもダメって人がいる。
エビもカニもダメって人は、
ダニ、ゴキブリなどもアレルゲンって人が多いよ!

ってことで、今日の話はここから。
「シャコ」と聞いて、エビみたいな、カマキリみたいなヤツ!
って想像した人!
ある意味、水産物に詳しいね!そんなイメージだよ。
でも、カマキリとはずいぶん違うのでこの機会にちょっとだけお勉強。
カマキリは、ほいっ!こんな感じ。
歩くための足の数は、4本足 

7

一方シャコは、6本。でも歩くための足の他にも、
泳ぐための足がいっぱいある。こんな感じ。

8

絵にかく時は、ここに注意。

で、愛知県、三河方面からの、初夏の名物だったけど
最近ではめっきり減って、地元消費がメインになってきた。
ってことは、三河まで行けば、こだわりの三河産が手に入る。

幻の「仕事」、

9

幻の寿司!
シャコの「ハサミ脚」のつけ根の関節にある身で作った
軍艦巻き!!

10

こんなのだって食わせてもらえるかもネ!!

|

« 「縁の下の力持ち」 | トップページ | 知りたい情報にアクセス!! »