2017年6月13日 (火)

「トビウオ」 

今日は「トビウオ」の話
水産市場で流通しているのは、
断面が四角の、中〜大サイズの「カクトビ」と

1

断面が丸い、小さな「マルトビ」の2種類。

Photo
もちろん、種類が違う「トビウオ」ってことは認識しているが
請求書は「トビウオ」で区別しない

「種」で分けず、「十把一絡」(じっぱひとからげ)
すなわち、
標準和名で言えば、大型の「ハマトビウオ」
中型の「トビウオ」や「ツクシトビウオ」
小型の「ホソトビウオ」
など、まとめて「トビウオ」としているわけだ。

「ハマグリ」や「シジミ」も同じだよ
「ハマグリ」なら
ハマグリ、シナハマグリ、タイワンハマグリ、チョウセンハマグリ
これらをまとめて「ハマグリ」

「シジミ」なら
ヤマトシジミ、マシジミ、セタシジミ
これらをまとめて「シジミ」
って感じ。

昨日の話「マグロ」のように、ちゃんと分けているものもあれば
「十把一絡」のものもあるからややこしいね。
世の中、一筋縄ではいかないっていう縮図を見ているようだ。

で、この「トビウオ」
英語でフライング・フィッシュって呼ばれる。
やっぱり「飛ぶ」ってところに着目したわけだ。
波に乗って、ジャンプ、胸鰭を広げて滑空する。

3_2

だから、海面を蹴り易いように、尾びれの下側が大きいね。

そんな「トビウオ」って、高タンパク・低脂肪の白身魚。
体力向上、代謝活動の促進、免疫力の向上
おまけに消化吸収がよく、病中病後の体力回復にもうってつけ。
もちろん、ダイエット中にお腹いっぱい食べても太らない。

ってことで、少しだけお勉強
水産市場に古くから伝わる、トビウオの「効能」

「妊婦に食べさせても食当たりの心配なく安心! 」
「夜泣きの子供に食べさせれば効果あり!」

なるほど。
「夜泣き、疳の虫封じ」にご利益のある京都の「剣神社」

4

ほれっ!こんな、トビウオの絵馬があるくらいだから
効果あるんだぜ。きっと。

5

で、ついでに、歴史の勉強もしておこうか。
時は文政。鎖国時代。
帰国する時の荷物の中に、当時持ち出し禁止だった日本地図が入っていたことで
大問題になった、オランダの医者、シーボルト。

6

彼は、長崎、出島に滞在している時に、日本の動植物の標本を本国に送り
後に、取りまとめて「日本動物誌」を作った。
その標本の中に「トビウオ」もあったワケ。

この魚、何ていうの?
「アゴ」ばい!
なるほど!で、
この魚、日本では「アゴ」と言うなり。
って、標本に記したんだろうね。きっと…


ダツ目トビウオ科。標準和名「トビウオ」
西日本での地方名:「アゴ」
学名は「 Cypselurus agoo」
もう分かるよね。
「ケプセルルス・アゴ」
長崎の地方名が学名になった例だよ。

すなわち、分類学より、生活の方が先なんだぞ!
っていう、お話さ。

まず食べる。生活がそこにある。
それを繰り返せば、文化に、歴史に、つながって行く。
な〜んて、話さ。

「トビウオ」食べてみようか!
きっと、壮大な「味」がするぞ!!

|

« 知りたい情報にアクセス!! | トップページ | 「赤と黒」 »