2017年7月24日 (月)

「リアルタイム」

「際物」(きわもの)商戦!
水産市場の現場は「土用の丑」の準備で追われている



「ウナギ疲れ」…すなわち
暑さとウナギを開く作業が重なって
担当者は、「ヘロヘロ」になっているワケだ。

ファイト!頑張れ!熱中症に気~付けてね!!

土用の丑 → 二の丑 → お盆 → サンマ商戦
次々とやって来る「イベント」に対応して
どんどん変化するオペレーションに、チェックを打って
黙々と対応しないとね!

日本の「食文化」に対応した、これもある意味「食育」かもね!




そんな中、黙々と動いている事実。
今年のサンマ漁を国際会議のテーブルに乗せ
「国際ルール」を作ろうと試みたが
入り口で「ひと蹴り」され、議論にすらならなかった。



今年も、ルール無用の外国船が、公海上で好き放題!野放し状態になる。

でもって、昨年、大不漁の「スルメイカ」



今年は、一瞬、光が見えたように感じたが
今朝の、水産研究・教育機構の発表は
「昨年並みの不漁」!!
ん~!!なんとも、不安になる長期漁況予報の公表だな。

それによると
日本海は昨年並み。
太平洋は昨年並みか、それを下回る。
昨年は30年ぶりの大不漁を記録しているので
今年も供給不足になりそうだ。っていうんだ。

原因は産卵に不適な海水温度。
早い話、
産卵に適した水温の海域が狭く、
まとまった産卵場所が無くなったせいか…


ん~!!…
水面下では、あまりよろしくない話題があって
リアルタイムで進行している。
当然、それに対応すべく、あれこれ考えなきゃね!

てか、大雨の地域はそれどころじゃないよね!
心からお見舞い申し上げます!

異常気象って、どこまで進むんだろう?

|

« 「休む?休まない?」 | トップページ | 食い合わせ »



(ウェブ上には掲載しません)