2017年8月29日 (火)

「サンマごはん」

「今年のサンマ漁、前半が勝負」
「資源は悪いが、好海況」
今朝の業界紙の見出しだ。

1

漁業情報サービスセンターによれば
漁期前調査の結果では、沖合の分布量が激減していた反面
昨年サンマ魚群の接岸を阻んだ温水塊が無くなったので
漁場が沿岸に寄り易くなっているそうな。

すなわち、沖には魚群が少ないが
沿岸に寄る事を阻む原因はなさそう!
でもって、11月以降の漁期後半は、急激に漁況が悪化するかも。
ってこと。
つまり、これから10月末までが今年のサンマの勝負どころ。

でも
昨日の漁場は北緯47“10 東経153”50  
ロシア海域だぜ!港まで2日かかる。
魚の組成は大、中、小で見れば1:3:6の割合。小っちゃい。

見込みと全然違うじゃん!!!
これで、後半、資源が激減するんだったら、どうなっちゃうんだろう?
って思うワケ。

そんな「サンマ」
漢字で書くと「秋刀魚」?OR「三馬」?
「秋刀魚」は大正時代より「こっち」で流行った。
じゃあ、それ以前はというと、いろんな漢字があるけれど
夏目漱石の「坊ちゃん」の中では「三馬」って書かれてる。

そう言えば、東京の魚河岸、築地では秋刀魚のことを
「うま」って言うよナ
ネ、ウシ、トラ…
子、丑、寅、… のウマ。
なるほど!
だから「午」って書くわけか!!

で、その、秋の刀の魚…
「刀」か…
「ギラッ」っと光るところが「刃物」に見えるんだろうな…
でも、サンマ。ちっちゃな刀だナ。

サムライが持つ「太刀」ってイメージじゃないナ!
そりゃ、どっちかって言えば「タチウオ」ってイメージだからサ。

サムライの「太刀」じゃなくって、

Photo

お姫様の「守り刀」ってイメージなのかな。

Photo_4

そう思うと、なんか「可愛らしく」なってきたぞ。

ってことで、サンマのおすすめ料理。
「秋刀魚ごはん」
いろんな作り方があるけど…
簡単な方法を紹介するよ。
秋刀魚のフィレ。三枚おろしを購入。

Photo_2

フライパンでソテー。
「めんつゆ」を使って味を整え、ご飯を炊く準備。
そこに、ソテーしたサンマを乗せ、「ショウガ」をチョイと入れる。
あとは、スイッチを押せば、炊飯器が美味しいサンマごはんを作ってくれる。
炊き上がって、よく混ぜ合わせ、薬味をチョイと乗せれば
簡単な割に、大絶賛を浴びる「秋刀魚ごはん」の出来上がり!!

Photo_3

水産市場、超・おすすめの季節メニュー!
お試しあれ!
本格的なサンマごはんの作り方は、ネット検索すれば
イッパイでてくるので、参考に!

|

« 子供の質問 | トップページ | 「ラストチャンス」 »