2017年9月 6日 (水)

秋めいてきた水産市場

すっかり秋めいてきた水産市場だ。
山陰の底曳網漁の獲物は、アカガレイやハタハタだ。

おっと!
タルイカ(標準和名:ソデイカ)発見!

3

刺身用のイカが少ない中で、今シーズンは
どこまで頑張れるんだろうか?たくさん獲れるといいな。

ってことで、
愛知県が定めた愛知の四季の魚って知ってる?
こんな感じ!

1

秋は…、ガザミ(ワタリガニ)とスズキか…

じゃあ、ってことで
地元愛知県で獲れる魚介類から、
水揚げの全国順位の高いものなど50種を選び
一枚にまとめた「愛知の魚50選」
っていうのは、こんな感じ!

2

で、じ〜っと眺めていると、何か気づかないか?

愛知県って、いろんな水産物が獲れるんだね。
魚、貝、エビに海藻。淡水魚もあるな。ってか?
なるほど!正解。

魚貝類→魚介類→海産物→水産物
水産物の宝庫か…

あっ、クルマエビが県の魚なんだ。
お〜!正解。
子供の観察力は鋭いものがあるナ。
あつ!左を向いている魚と、右を向いている魚があるぞ!!

お〜!よく気が付いたね。
すごい×2!

一昨日の「メイタガレイ」のときにも触れたよね。
思い出した?
右を向いているのは「カレイ」の仲間。

魚って基本腹を下側に向けて置く。
で、目のついている側をこっちに向けるとカレイは右を向いちゃう。
もちろん例外もあるけどね。

「左・ヒラメの、右・カレイ」だからさ!

だから、カレイとヒラメのポスターを見ると
遠くからでも、識別できるわけさ。

4

腹を下。
目を見せる。
右向きならカレイ。左向きならヒラメ。

そんなカレイ類の入荷は、極端に減ってきた。

|

« 知りたい情報にアクセス!! | トップページ | 「ミステリー」 »