2018年5月17日 (木)

「食べ方」

「食べ方」って、意外に大事。
例えば「バナナ」
皮を剝いて食べる。
じゃあ、どんなふうに皮を剝く?
ぺロッって。
そんなの常識ジャン!
だね。

じゃあ、ミカンは?
やっぱ、皮を剝いて食べる。
そんな事。わざわざ聞くか?ってか?
だね。

じゃあ、リンゴは?
おっと、バナナやミカンとはちょっと違うね。
バナナやミカンには無い「芯」があるし、
ナイフなど、道具を使わないと皮は剥き難い。

じゃあ、ドリアンの食べ方は?

1

マンゴスチンは?

2

もう、分かったよね!
「食べ方」って大事。
誰かが、教えないと知らないまま。
てか、教えてもらわないと食べられない。

魚も同様。
魚を自らさばく人が減ってきた。
捌けない人が多い。でも、問題なのは
食べ方を知らない人が多いって事のほう。
食べ方が分からないんじゃ、食えない。てか、食わないわさ。

ってことで、食べ方マニュアル。
ハイ、どーぞ。

3

大日本水産会が発行している小学生向けパンフレットより抜粋。
要点は、
魚の側線にそってお箸を突き刺し、身を開くこと。
骨のある位置を知ること。の2点。

リンゴで言うなら、
芯のある場所を知って、それを外して食べる。こと。

な~んだ。一緒じゃン。
知っているか、知らないか。たったそれだけのこと。

魚屋さんへ行こう。
「食べ方」を勉強するには
「アジ」が最適。基本形。
まずは「アジ」の塩焼きで、腕試し!!

|

« 「向き」 | トップページ | 「鮎並み」 »