2018年2月17日 (土)

ご飯食べる前に何と言う?

ご飯食べる前に何と言う?
「いただきます!」だね。

「頂きます」OR「戴きます」
食事を始める前の日本語の挨拶。
「いただく」は「もらう」の謙譲語であり、
「食べる」「飲む」の謙譲語でもある。

「いただく」だけでは「挨拶」にならず、
「ます」とセットで「いただきます」にならないと挨拶にはならない「連語」
「食育」の世界では、「お命」いただきます。と教えることもあるぜ。

で、「食育」としての「いただきます」
いろ〜んな言い方があるけど、
先日の蒲郡で行ったセミナーで
「いただきます」の指揮を執ったのが、豊明のボーイスカウト。
参加者一同、彼に続いて復唱し食事を始めた。

1

「手を合わせて!」
「鶴は千年、亀は万年。」
「ツルさんや亀さんのように、長生きしたいなら、
ツル、ツル飲まずに、よーくカメ、カメ!
 いただきます!」

Photo

Photo_2

え〜!!
てか、さすが!ボーイスカウト。
こりゃ一本とられたな!!
予期しなかったパフォーマンスは、感動ものだったぜ。
今思い出しても、鳥肌ものだ。

蒲郡と言えば、愛知県の水産試験場がある街だ。

Photo_3

先日、こんな記事が新聞のトップニュースになった。

愛知県水産試験場 日本ウナギの新たな養殖法考案!!
こりゃ、超・不漁が続く日本ウナギに明るい話題だぜ。
てか、やってくれるね!!さすが!愛知県の水産試験場!!

生後、性別が分かれるウナギ。
急ピッチで育てるとオスに、なっちまう。
だから、養殖場のウナギは、オスばっか。
ところが、自然界並みにゆっくり育てるとメスになることを突き止めたってわけ。
オスに偏りがちな養殖でもメスの比率を高める手法が分かれば
完全養殖、次の段階に進めるぜ。

3

完全養殖は技術的には可能だけれど
ホルモン剤を注射して、
無理やりメスを作るところからのスタートだったからさ。

そんなウナギの研究者を水産試験場からお招きして
セミナーの中で、お話を聞こうと計画中。
名古屋市中央卸売市場で行う、「食育者向け・魚食普及セミナー」
5月12日(土)6月9日(土)開催予定
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000101434.html

魚屋さんへ行こう
ヘルシーな魚。さらに長生きする為
ツル・ツル飲まずに、よくカメ・カメ!!
Photo_4
8

|

2018年2月14日 (水)

「魚とチョコレート」

本日、2月14日はチョコレートをもらった人は
「バレンタインデー」なり。チョコを喰おうぜ!

Photo

でも、運悪く、もらえなかった人は
「煮干し」(二棒四=214)の日ってことで
煮干し出汁の「みそ汁」を飲もうぜ。

Photo_2

でもって、
チョコレートは、血液ドロドロ、血栓症に効果があるって知ってた?

Photo_3

バレンタインデー → チョコレート → 血液ドロドロ、血栓症予防に効果あり

もちろん、魚=「煮干し」も効果があるぜ!
魚=煮干しの脂に含まれる「EPA」は、
血液の凝固を防ぐホルモンの原料で、血液をサラサラにし、
血栓性の病気を予防する働きがある

ちなみにEPAを多く含むのは、サンマ、マイワシ、マサバなどの背が青い魚。
もちろん「煮干し」も。
それから×それから、ギンダラやキチジ、マグロのトロなど…

いずれにしても、本日、血液ドロドロ、血栓症予防を思いだし
チョコか、煮干しを喰おう!ってことにしようよ。
これ、水産市場、てか、オイラの勝手な言い分だけどね。

Photo_4

魚屋さんへ行こう
本日2月14日。
血液ドロドロ、血栓症に効果のある食い物を喰おうじゃないの!

※画像はネットから引用。イメージです

|

2018年2月 9日 (金)

「バカガイ」 

春は貝が旨い
三重県からバカガイ、トリガイの入荷がある
どちらもボイル

1

バカガイ、アオヤギ。
どっちが標準和名か?

2

ジャジャ〜ン。
「バカガイ」が標準和名。
その昔、千葉県青柳地区が名産地だったんで
築地の魚河岸で「アオヤギ」って産地名で呼ばれたのが始まり。
以来、「アオヤギ」って名前が、バカガイの代名詞になっちまった。

Photo

ってことで
ボイルのアオヤギが旨いぞ〜!
でも、よ〜く見て!
俗に「足」と呼ばれる部分。
色が違うだろ。

4

オレンジと白。
これって、メス、オスの違い。
オレンジ色が「メス」
白っぽい方が「オス」
「白子」って言うもんね。
ってことは、この部分が「生殖巣」?
「正解」

バカガイはオス、メスがある。
角度を変えて考えれば
自分の生活範囲内、つまり移動できる圏内に異性がいないと繁殖できない。
貝なんで、遠くまでは行けないぞ〜
すぐ近くに相手が見つからないと繁殖できない。

その点、トリガイは「雌雄同体」
最悪、一人でもOKなんだね。
って、うらやましいのか、悲しいのか、よー分からんね。

ってことで
魚屋さんへ行こう
今、まさに旬。季節限定新
ボイルのバカガイ。
からし酢味噌や、黄身酢で和えれば、超・美味い。

※画像の一部はネットから引用

|

2018年2月 8日 (木)

「出前授業」

6日、小学校への出前授業。

Photo

2

3

市場のメンバーが協力して行った。

7

魚に触る「鮮魚タッチ」
愛知県から「好生」
兵庫県から「納水産」・「浜惣商店」
三重県から「カネイワ商店」
志ある「出荷者」の皆さま、ご協力に感謝×感謝!
ありがとうございます!

8

子供たちは、大喜びで魚に触り、何かを学びました。
同時に、保護者も一緒に、何かを学びました。

ってことで、ここからが今日の話。

魚に触れる「鮮魚タッチ」だけじゃなく
活魚を学校まで運び、活きている魚に触れる。
活きた魚に触る「タッチプール」
出前授業じゃ、これも人気がある。

4

ところが×ところが!
この日の朝も気温が低く、氷点下。
魚を運ぶ、特殊な水槽のフタを閉めれば、
フタが凍りついて開かなくなってしまうほど。

0

魚は、寒すぎて、
ほれ!こんな感じ!

5
6

動かなくなるだけじゃなくて
「あちゃ〜!」
想定外!!
魚が、横を向いたり、腹を上にしたり。


水温に敏感な「魚」
北海道、稚内じゃあ、
海水温度が下がって大量のイワシが浜に打ち上げられたって報道が
紙面を賑やかしていたもんな。

北陸じゃ大雪
やっぱ気温も、海水温度も低かったんだろうね。

元気のよい魚を触らせてあげたかったんだけど
不発に終わっちまったよ。
反省×反省。

魚屋さんへ行こう
お店じゃ、鮮度の良い魚を食べてもらおうと
工夫に工夫を重ねてる!んだぜ!!!

|

2018年2月 5日 (月)

「カサゴ」

昨日の日曜日は三重県桑名市で
「耳石ハンター」養成講座
20人の小学生に、10人のスタッフ。

78d2312000bf4cdd8cf9708c0fe85308


全部まとめて「耳石ハンター」に仕立てるセミナー。
「お話」を聞いて、魚を調理。
美味しく食べたあと「耳石」を採取、ファイルする欲張りな講座。

お話の中で、いつもの煮干しで「耳石」採取の予行演習を行って

Bee047a29c02499aa2fa53e49dc02776

調理実習開始!

1d474081ef6b44b1b0f38246678eac96

採取レベル1の魚の他に、レベル2のイワシ、レベル3のマグロも準備
今回も「煮つけ」を作成。美味しく食べたあと、
食べ終わった骨の中から頭蓋骨を探し「耳石」採取。
さて、その結果は…?

そう、想像どおり。
レベル1は、ほぼほぼ採取でき、
計画どおり、「達成感と悔しさ」「もっとしてみたい感」を共有できた。

ってことで、
毎回迷う、実習用の魚。
採取レベル1~3までをとり混ぜるだけでなく
美味しくて、調理方法が簡単で、旬を感じさせる魚
それでいて、ある程度、馴染みが無いとね。

そんな中で準備した「カサゴ」の話。
このあたりでは、三重県の地方名「ガシ」で呼ぶことが多い。
耳石採取レベルは「やさしい」のレベル1。
頭が大きく、一見、食べる所が少なそう。
でも、逆に、骨からは、超・旨い出汁が出て、煮つけなどには最適。
で、季節は秋・冬ってイメージだけど
年間通じてあまり味が落ちない、うれしい魚。
卵ではなく「子供」を産む「卵胎生」

よく似た魚に、ウッカリカサゴとユメカサゴがあるぜ。
この機会に覚えておこう。
何故か!って?
それは「耳石ハンター」には
別種の耳石だからさ!

F142ab3f15644413ba8122e565f3f6b2


深海性のユメカサゴは、このあたりじゃ「ワガ」と呼ばれ
ごくごく、フツーに食べられる。

「ウッカリカサゴ」は「カサゴ」そっくり。
胸ビレの筋の数と模様の白い縁取りが見分けるポイントだけど
慣れるまで混同することが多い。

Fa85e8b67f6e444db8e67a99d86f1934

命名した「安倍宗明」先生ですら、
うっかりしていて間違えたくらいだからさ。
そう、で、「ウッカリカサゴ」って名前になった。

05ff165b6c214b6181b82d9646f610b1

魚屋さんへ行こう。
いろんな種類を食べてみたい!
尾頭付きを食べて、耳石を集める。

86c2484f5e944b118a37a09b89b13f5a

只今「耳石ハンター」増殖中!

|

2018年2月 1日 (木)

「緊急!」

小型マグロ「実質禁漁」!

88b37ec76f244c609d04dad0967fe101

1月19日付けで日本全体の漁獲量は3,201㌧
これは、日本の漁獲枠3,424㌧の93%!
漁獲をストップしないといけない
差し迫った状態である!!

E041c8cdb75f43109ec3111b5c4b7844

水産庁は1月31日 
太平洋クロマグロの小型魚(30㎏未満)管理において
全ての沿岸漁業者に操業自粛要請を発出したのに伴って
全国の関係漁業者を集め全国説明会を開いた。


日本が責任ある漁業国として
関係国と協調した資源管理を進めるためには
目標を持った漁獲量管理へのシフトが必要。
今こそ、実行に移さないといけない。ってね。


約束を守る。
つまり、持続可能な漁業に取り組む。
それが
世界に向けて日本の漁業の姿勢を示し、
国際海域で好き放題漁獲している諸外国への拘束力にも繋がる。

E58d830bd1bd4da4856971063f4217ab

もちろん、休漁中の漁師の生活をどうするか?
漁業者間の不公平感の解消をどうするか?
消費者への理解など、解決すべき問題は山積みだ。

それでも、日本の漁業、全体の将来がかかっているからさ。

※画像の一部はネットから引用。イメージです

|

2018年1月30日 (火)

「視点」 

愛知県の「食育ボランティア」
今年のテーマは「食品ロス」を減らすこと!
フードロスとも言われ
「食べられる状態であるにも関わらず廃棄される食品」のことだぜ。
Photo_2

売れ残りや期限切れで廃棄されるモノはもちろん、
製造段階でできる規格外品。宴会などの食べ残しも「食品ロス」

農林水産省及び環境省は2014年の調査に基づき
2017年4月に「食品ロス」の推計結果を公表したんだ。
日本の食品廃棄物量は年間2,775万トン。
その内食品ロスは621万㌧。
ちなみに、世界全体の「食品援助量」は320万トン(2015WFP)っていうから、
食品ロスは、援助の2倍ちかい

Photo_3

その食品ロス621万㌧の内訳をみると
事業系339万㌧
家庭から282万㌧

で、先日、寄り合いがあって
家庭からの食品ロスを減らそうと、研修会があった。
確かに、もったいないよね!

研修はワークショップ形式
で、参加者に聞いた。
あなたがロスしてしまう食品ベスト3は?
各種調味料。モヤシ、ジャガイモ、牛乳、ノリの佃煮。昨夜の残り物…

なるほど。
「消費期限」だけでなく「賞味期限」の食品群もあるんだ。

でもって、食品ロスを減らす為の工夫は?の質問に
無駄な買い物はしない。
買い物の頻度を増やし、要るモノだけを買う。

なるほどね。
確かにそのとおり。

参加者はほとんど女性。
食生活改善委員が多く、その他管理栄養士、教育関係など。
つまり、「消費者目線」

たまたま、男性で、「生産者寄り」の仕事をしているオイラが目についたのか
意見を求められたんで、ついつい「しゃべっちまった」

多くの場合、食品の購入には「注文」は要らない。
消費者の都合で、買い物に行く。
何をどれだけ買うかはぶっつけ本番。全部、消費者の都合。

では、生産者側はどーだろう?特に水産物。
海が相手の漁師には、こっちの都合で魚を獲らしてはくれないぞ。
欲しい魚を、欲しい時に、欲しいだけ獲るなんて…
したくても、できない。自然相手だからさ。

Photo_4

要は、計画どおりに生産できないのが魚。
獲れた魚を無駄なく消費しなきゃ、食品ロスを減らせない。

ってことは、
家庭で、無駄なく食べる事をスタートして、生産を考える。
水産物は生産をスタートとして、消費を考える。
必要十分条件を探さないといけないね!両立させないと!

ちょっと強引な言い方だけど
消費者あっての漁師。漁師あっての消費者。
どっちも大事だからね。ってさ。
Photo_5

魚屋さんへ行こう
食品ロスにならないように旬のものを頂こうよ。
消費者の協力なくして、水産物の食品ロスは減らせない。

|

2018年1月30日 (火)

「コイ」 

久しぶりに「水産クイズ」
「こいのぼり」の「鯉(コイ)」は、魚偏に「里」
じゃあ、この「里」の「いわれ」ってな〜んだ?

Photo

そんなの簡単!
「里」にいる魚だからだろ!

けもの偏に「里」って書けば「狸(たぬき)」

2

人里に多く現れるから「里」って字をあてるって聞いたぜ。
それと一緒じゃないの?

なるほど…。でも、ちょっと違うんだな、これが。

ってことで、答えは後にして、鯉についてちょっとだけお勉強。

鯉の「輪切り」を具にした「味噌汁」のような
「鯉こく」ちゃあ、長野県の有名な郷土料理。

3

なるほど、長野県って、「海無し県」だもんな。
魚と言えば、淡水魚だよな。

4

妊婦には「おっぱいの出が良くなる」と言われ
今でも、子供を産んだ後に妊婦に食べさせることがある。
また、時代劇を見てると、結核で臥せっている「おっかさん」に
孝行息子が「鯉の生き血」を飲ませてやりたくて…
なんて話も出て来るぜ。

つまり、鯉は昔から「滋養強壮」食材だった。

でもって、鯉の滝登り → 「登竜門」

5

中国の「黄河」って川の「竜門山」を切り開いた急流、
ま、滝みたいなもんだナ。これをさかのぼった鯉がいたら
龍になるって伝説が始まり。
今じゃ成功の為の「関門」って意味で使われる。

そんな縁起の良い鯉。
男の子の立身出世を願い「こいのぼり」ってね。

7

しかも、日本でも、中国でも「鯉」って言う字で通用するんだってよ。
なるほどねぇ。

で、問題の答えは?
おっと!

魚偏に「里」
答えは鯉の「ウロコ」に関係する。
鯉のウロコは36枚ある。
36町で1里。つまり4キロ
ってことで、
うろこ36枚で1里。だから魚偏に「里」
なんと、そこか!って話だろ。

この問題「おさかな検定1級」の問題だぜ。

魚屋さんへ行こう
鯉の輪切りを見つけよう!

8

「鯉こく」・おっぱい・妊婦・滋養強壮
魚偏に「里」はウロコ36枚。 36町で1里
「登竜門」 滝を上って龍になる。
これだけ思い出せば、「とと検1級」も夢じゃない!

|

2018年1月23日 (火)

「立役者」 

小学校への「出前授業」。
目的は魚そのもの・実物に触れることで、「魚」を身近に感じ、
漁具体験をすることで、
魚を獲ってくれる漁師さんに、感謝の念を抱かせること。

「魚を触る」
たった、それだけのことでも、子供たちにとっては非日常的な事。
必然的に大騒ぎ!になる。

でも、ワー!キャー!で終わらないよう、そこから何かを学びたいワケさ。
だから、記憶に留まるように
いろ〜んな仕掛けが準備してあるワケ。

サメを触って「サメ肌」を体験するのもその一つ。

1

基本、タッチプールで触る魚は、
セミナー終了後、PTAや先生たちに「お持ち帰り」してもらう。
これも、「魚食普及活動」だぜ。美味しく食べてね!って感じ。
ところが、この「サメ」だけは簡単に差し上げるわけにはいかないぞ。
なんと言っても、集荷がたいへんだから。
ってことで、毎回、出番が終わると、市場に持ち帰り、古巣の水槽に戻す。

タッチプールの「立役者」の「ナヌカザメ」
初舞台は2017年9月8日 名古屋市立旗屋小学校

98

続いて10月6日 岩倉市立五条川小学校

106
でもって、10月20日 名古屋市立八熊小学校

1020


で、今は、2月6日の東海小学校で行われる
「国際交流のための魚食普及セミナー」に向けて、水槽で充電中。

つまり、昨年の9月からの出前授業に同行し、
のべ1,167名の児童や教師に触られながら
「サメ肌」の何たるかを教え、
これからも多くの児童と触れ合う為、水槽で待機中。ってワケだ。

6

元気で、丈夫、しかも良い仕事してるだろ!!

ってことで、ここからが今日の話。

通常、水産市場の水槽で泳いでいる魚は
飼っているわけではない。
究極の鮮度保持が目的。
刺身の出番を待っているに過ぎない。
せいぜい2〜3日のショートステイさ。
そんな中で、半年も、居座るなんて、例外中の例外。
ペットハウスの熱帯魚並みだぜ。

水から上げても7日間は死なない。
なわけないけど、それほど強い。
で、ついた名前が「ナヌカザメ」とはよく言ったものだ。
ホント、丈夫だな〜!

魚屋さんへ行こう
そこには「食べて」覚える「生活の知恵」がたくさんあるゾ。
しかも、それらは、学校では教えてくれない。

|

2018年1月22日 (月)

「雪」

今日は東京23区でも雪が積もるんだってさ。
昨日からニュースでやってるぜ。
「通勤時の積雪対策を万全に!」ってね。
前振りが大きいと、意外に不発に終わるかも…
でも、用心に過ぎることはないからさ。

「雪」の話題には、「魚の雪」を学んでおこうか…
魚偏に「雪」と書いて、鱈(たら)

1

雪のように身が真っ白だから…。
砂糖で臭みを抜くんだったよね。覚えてる?
でもって
鱈で思い浮かぶ言葉は?
「たらふく食べる」
おっと!そうきたか…

2

鱈腹食べる → タラのお腹のように食べる
つまり満腹

4

何となくイメージできるよね。
でも、本当の語源は「足りる」→「足らふ」
で、「足らふく食べる」
鱈腹は当て字。

だったら
出鱈目 → でたらめ
つーのはどお?

すごい×すごい!
どんどんイメージできちゃうね。
これこそ、生活に活かす!ってヤツだぜ!

そもそも「でたらめ」って
昔のギャンブラーが使った言葉が始まりだって言われてる。
サイコロを振って、出た目に従う、
日本古来、クラッシックなギャンブル。
丁は偶数、半は奇数。
サイコロ振って、「出たら、目に従う」
そんなゲーム。

5

でも、さいころの目っちゃあ、思ったような数にはならないぜ。
つまり、サイコロの目なんて、いい加減。
「出たら目」は「いい加減」
で、デタラメを漢字変換して「出鱈目」
つまり、当て字。

でも、逆に考えれと、当て字に思いつくほど
「鱈」=タラって生活に密着していたんだね。
生活感漂う魚だっていうことさ!

6

魚屋さんへ行こう。
タラと言えば定番中の定番。魚屋の鉄板商品!
タラの置いてない魚屋さんなんて無いぜ。
今も、昔も、生活に欠かせない魚、「鱈」。
なんたって「当て字」に使われるくらいだからさ!!!

※画像の一部はネットから引用 イメージです

|

より以前の記事一覧